2014年03月04日

江の龍さん閉店・・・



突然、、、

まさか、、、

一時、そのようなお話をお聞きしましたが、

まだ続けます!

と仰っていたので安心していたのですが、、、

ついにその決断をなされたそうです。

忙しさや天候に影響され江の島にはトンとご無沙汰。

前回いつ伺ったっけ? 正月の4日に立ち寄ったのみ。

そこへ江の龍さんから閉店のお知らせ。

当分の間は外売りだけ続けられるそうなので、

完全に 『 江の龍 』 の名前が消え去る訳ではないけれど

正直、ショックは隠せません。

私達が 『 駄菓子屋江の龍 』 とお付き合い出来たのは約4年ほどでしたが

ちょび君の事から色々とお気遣い並びに励まして頂き本当に有難う御座いました。

そして、占い師としての新しい門出を私達夫婦そしてちょび君も心から応援しております!

お店を任された10年間本当にご苦労様でした。

ここの所、家内と休みが合わないので次回いつ行けるか分かりませんが

外売りをなさっている内に絶対に伺います!




2014.03.03 江の島
posted by 氷吉 at 00:34| 神奈川 ☀| Comment(0) | 江の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

カーバッテリー交換 その一 「 賢い購入方法 」



最近、あまり夜散歩に行かず、その他の話題についても書くネタがあまり無いので、バッテリー交換の話を数回に分けてアップしようと思います。

予定では今回の 「 賢い購入方法 」 から始まって

「 バッテリー購入前後の確認 」

「 バッテリー交換方法 」

「 バッテリー交換後の廃棄処分の方法 」

等を考えています。




家内のMRワゴン、前回バッテリー交換してから丸々3年経ちました。

昨年10月の車検時にも

「 そろそろと言うか、もうバッテリー交換した方が宜しいですね・・・ 」

と、バッテリー・アナライザーの判定は最低の数値。

ディーラーや町の整備工場に車検作業と一緒に交換をお任せしてしまう場合、バッテリーの価格は店舗の言い値か昔で言うほぼ定価。 (注・現在、カーバッテリーはオープン価格になっています。ここで言う定価はディーラーや町工場で相場として付けられているであろう価格です) おまけに交換作業工賃まで取られます。 同じクラス(性能)のバッテリーで国産の信頼出来る大手メーカーの物でもホームセンターでは半値から1/3程度の価格で購入可能。 新車時から採用されているメーカーの同じバッテリーがこの価格で売られている事もあります。

たまに大手の某カー用品チェーン店でも安売りしていますが、ホームセンターで安売りされている製品よりも価格は幾分高目だったり。 

また、これは数年前に某カー用品チェーン店で私が実際に目にした事ですが、あまり見たことも聞いたことも無いメーカー(某国製)で、目玉商品として安売り専用に仕入れたものだと思いますが、粗悪品とは言わないまでも、山積みに陳列されている品物の中には既に液漏れして外箱が濡れているモノもあったりしました。

店員と一緒に外箱を開けて中を確認すると、キャップはしっかり閉まっているように見えるものの、バッテリーの上面は濡れ濡れでキャップの周りの隙間から液が漏れていました。 念の為にと店員がもう一つ確認したところ、白いバッテリーケースと黒い上蓋の継ぎ目から微量の液漏れ。 外箱には強い衝撃を受けた痕跡が無かったので、これはもう某国メーカーの製造時に置ける欠陥としか言い様がありません。

まあ、輸送時や店内陳列の際の扱い方が問題な訳なんですけど、多少雑な扱いで液漏れするようなキャップシールを平気で採用する某国メーカーの製品は、それこそ 「 安かろう悪かろう 」 以外の何物でも無いので勿論パスした方が懸命です。 ん?もうこうなるとやっぱり粗悪品と言った方が良いのかな。

店員さんも正直というかセールス上手というのか、 「 この手の安売り商品は正直お勧めしません、パナソニックやGSユアサの高性能バッテリーの方が断然信頼出来ます! 」と・・・。 当たり前な話です。 しかし、同クラスの物でも値段は1万円台前半から2万円以上。 勿論、ぼくはそんな高い買い物をする気などサラサラありません。


カーバッテリー安価購入の裏技ではありませんが、信頼出来るネット販売店を利用するか、ホームセンターで購入する事をお勧めします。

例えば、2万円台後半の高性能なバッテリーの場合でも、ネット通販だと1万円前後で購入可能。 おまけに「送料無料」を謳っている所もあるので上手く利用すればそれこそ安上がりになります。

もう一つは後者のホームセンター。 その前に、ネット通販もホームセンターもそうですが、品物自体(カーバッテリー)の回転率が良い事が条件。 意外かもしれませんが、ホームセンターのカーバッテリーって言うのは結構回転率が良くてまずハズレを引く事はないと思います。 バッテリーは 「 生物(なまもの) 」 使わなくても自然放電し劣化して行きます。 有り得ないかも知れませんが、何年も在庫してあったバッテリーを購入してしまった場合、取り付け後の使用期間は極端に短くなっている事でしょう。 だからこそ品物の回転率が良いホームセンターがお勧めなのです。

ここで一つお断り・・・、 「 全てのホームセンター=バッテリーの回転率が良い 」 訳では有りません。 日頃からそのお店がどの位の間隔でバッテリーを安売りしているのか、広告の打ち具合等を注意してみていると品物の流れがよく分かります。 因みに、私がよく利用しているケーヨーD2というホームセンターは、同じクラスのバッテリーを常時3〜5個と少な目に陳列しており、2〜3週間置きにバッテリーの安売り広告が入ります。 この少な目の陳列及び在庫がポイント。 


ホームセンターのバッテリーって売れないから安売りするんじゃないの?

いいえ、違います。 


ほぼその期間までの在庫の一掃と新しいバッテリーの入荷が行われるので店舗で在庫されているのは極短期間。 もしそのまま外箱に送り状のシールが貼ってあれば入荷日は一目瞭然(さすがに流通経路における倉庫での在庫期間は分かりませんが)です。

ただし、近所にある別のホームセンターでは常時山積みで陳列、一体いつ入荷されていつまで在庫陳列されているのでしょう? カーバッテリーなんぞ1日に何十個と売れる訳がないのでこんな場合はパス。 勿論、在庫管理を疎かにするようなお店では無いので大丈夫でしょうが、カルシウムバッテリーとして付加価値を付け、その分お値段は高目に設定されています。 

今回もホームセンター・ケーヨーD2の新聞折り込み広告を見ていたら有りました。 家内の車のバッテリーと同クラス 「 40B19L 」 通常店頭価格 4980円が広告期間限定 2980円と金額にして2000円、約40%も安くなっています。

肝心のバッテリー自体は 「 D2 オリジナル 」 となっておりますが、勿論 「 株式会社ケーヨー 」 がバッテリー製造に携わっている訳ではなく、中身は 「 新神戸電機 」 製で蓄電池業界では最大手の国産製品です。

国産以外のバッテリーでも安心して購入し使用出来る製品も有りますが、価格面で割高な事と入手し易さではホームセンターの安売り国産バッテリーの方が一枚も二枚も上を行くと思います。


2014.03.02_car_battery_005.jpg


2014.03.02_car_battery_006.jpg


2014.03.02_car_battery_026.jpg


2014.03.02_car_battery_007.jpg


次回は、「 バッテリー購入前後の確認 」 の予定。




2014.03.02 MRワゴン バッテリー交換
posted by 氷吉 at 18:41| 神奈川 ☔| Comment(0) | 車関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そう言えば枝垂れ梅でも見に行ってみましょうか 2/28夜散歩



先週の金曜日。

予定より少し早目に仕事が終わったので早々に帰宅すると家内が

「 会社に行く途中のギンヨウアカシアが咲いていたよ、おばちゃんちのはどうかな?」
「 枝垂れ梅も一緒に見に行く? 」

と言うことで、22時頃かなり久しい夜散歩に出発。

日中の気温は18度と異様なほど暖かく、仕事中は流石に冬装備のインナーを脱ぐ程の「暑さ」でしたが、日が暮れると次第に気温も下がり始めて、この時間になるとやっぱりコートを羽織らないとチト寒いですね。

歩くこと数分でおばちゃんちの畑。

遠目には 6〜7分咲きでしょうか?

それでも枝には可愛らしいピンクの花がビッシリ!



2014.02.28_shidare_ume_001.jpg


2014.02.28_shidare_ume_002.jpg



在りし日の ちょび君 曰く 「 ポンポンの花 」 こと ギンヨウアカシア はと言うと、、、

硬い蕾はだいぶ膨らんで来ていましたが、ポンポン弾けるまでもう少しかかりそうです。


2014.02.28_ginyou_akashia_001.jpg




2014.02.28 夜散歩
posted by 氷吉 at 14:19| 神奈川 ☔| Comment(0) | 夜散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

吹雪の中をやっとこさ帰宅。。。



先ほど帰宅。

先週の大雪。

今週も大雪。

こういう時に限って天気予報というのは当っちゃうんですよね。

今回の積雪は先週のそれよりも酷いありさま。

勿論、今日も(と言うか既に昨日は)車を置いて電車で通勤。

行きはヨイヨイ、帰りはナンタラ。

降りしきる雪は積もり放題です。

膝下まで雪に埋もれながらやっとこさ自宅前。

おー!おっおっおっ!

あまりにも凄いので玄関のドアを開ける前に思わず・・・(^^;


2014.02.14_yuki_001.jpg


こりゃ明日も(と言うか既に今日)、電車通勤だな・・・。



2014.02.14 大雪
ラベル:20140214 大雪
posted by 氷吉 at 01:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

夜更け過ぎに雪は止んで僕は途方に暮れた・・・



昨日の暖かさと言うか、この時期に最高気温が18度まで急上昇すると職場はもう暑くて汗をかく陽気。 それが今日(もう昨日ですが・・・)、気温は急降下で日中そぼ降っていた雨が夕方にはボタン雪に変わり、車通勤しているぼくは車を置いて電車で帰ろうと思っていました。

が、幸いな事に、20時頃外を見るとナント星空!

あ、夜更けどころか大分前に雪は止んでいましたね。(^^:

あー、助かった! 

と、その時は思っていたのですが、、、。

23時を過ぎた頃に退社。 駐車場に停めてある車、フロントガラスが凍っているのは必至だろうけど、ドアは大丈夫かな? と、ちょっと心配しながら運転席のドアを、、、、ふぅぅぅ、大丈夫だ開いた!

で、ぼくはカバンをスライドドアを開けてセカンドシートに放り込むのが日常だったりするのです。 今日も運転席のドアが普通に開いたので何の躊躇いもなくいつもの様に。

ん゛!? ヤベ!

ほんのちょっと開いたと言うより微かに動いて半ドアの状態でビクともしません。

あーーー、凍って張り付いてる!

フロントガラスはエンジンが暖まりさえすればデフロストで何とか溶けるけど、スライドドアの張り付きはそう易々とは溶けないだろう。。。

それよりオートドアクローザーが働く位置で半ドアの状態だからクローザーのモーターが逝っちゃわないだろうか? と思ったけど、挟み込み防止装置が働くので大丈夫な筈。 

うーん、このまま帰っちゃおうか? しかし、万が一、と言うより、かなりな高確率で走行中に凍りつきが溶ける筈。 もしアクセルを踏んで加速している最中だと慣性の法則でいきなりドカーン!と全開となって、ドア本体は元よりスライドレールやボディーに無理な力が働き何処か破損する可能性大。 

どうすんべ?

その時、頭の中に浮かんで来たフレーズがこれ。


そし〜て、僕は途方に暮れたぁ〜♪ (^^;


あちゃー、早く帰りたいのに。。。



2014.02.04 雑記
posted by 氷吉 at 01:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

レインボーラムネ なるほど、そう言う訳だったのか!



ここ数日、木曜の深夜前あたりからレインボーラムネを題材にした日記のページビューが凄い事になっていた理由がやっと分かりました。 江の龍さんのブログを見たら、秘密のケンミンショーでイコマ製菓本舗のレインボーラムネを番組内で扱ったそうですね。 あー、見逃した。 毎週録画予約掛けていたのに年末年始特番を録画するの為に一旦予約を切っていたのを忘れていました。。。 と、言うより、最近テレビ見てないなぁ。 録画した番組も溜まる一方でHDDを圧迫するからと未視聴番組を大胆に削除するばかりの今日この頃・・・。




2014.01.19 レインボーラムネ
posted by 氷吉 at 00:52| 神奈川 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

黒糖と生姜の花林糖(かりんとう)& 黒糖ふ菓子



えーと、江の島神社参拝から一週間。

何やかんやと忙しくて江の龍さんで購入した駄菓子の写真を撮れず今日の今日まで我慢な状態。

やっとこさ時間が出来たのでこれ書きながら食べています。

定番、伊藤軒のお菓子達。

本日、紹介するのは生姜と黒糖の花林糖&黒糖ふ菓子です。

生姜大好きなぼくは、生姜を使ったお菓子に目がありません。

花林糖に至っては友人に 「 おまえはテツちゃんか!? 」 と言われるほど大好きなのです。

(テツちゃん=花林糖が大好物な「じゃりんこチエ」の父親)


もうあれですよ、大好物がコラボってる駄菓子なんて至福の絶頂です!(^^;

コンビニや近所のスーパーで購入して食べる花林糖も勿論美味しいのですが

伊藤軒さんの花林糖は全然油っこく無くて小麦の素朴さが味わえる一品です。

一品と書きましたが、ぼくの中では読みは同じなれど逸品な花林糖。

もうね、まじで美味しいんです。

花林糖を包んでいる蜜の多さがすごく甘ったるそうに見えますがそこは伊藤軒。

全然甘さを表に出していません。

油っこく無く、甘さも控え目。

ちょっと残念だったのは、ぼくが期待していた生姜の香りも少し控え目・・・。

でもこれが逆の裏切りだったりするのです。

甘さ、生姜の香り、油っこさ、どれも何一つとして出しゃばらず

小麦の味と相俟って、まとまりの良い仕上がりになっています。

黒糖花林糖の方も上品な素朴さが前面に出ていて勿論こちらもお勧め。

ふ菓子! これ嵌った! 

駄菓子屋で売っているあの長いやつより「じわっ」とした歯応えがあって口溶けもまろやか。

もうホントすげーな、伊藤軒の菓子作りって。

って、毎回、毎回、江の龍さんと伊藤軒さんの宣伝みたいになってますが、

ぼく個人の率直な感想なのであしからず。。。




2014.01.01_enoryuu_005.jpg

2014.01.01_enoryuu_003.jpg

2014.01.01_enoryuu_002.jpg

2014.01.01_enoryuu_004.jpg
posted by 氷吉 at 00:53| 神奈川 ☀| Comment(0) | 江の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

2014年 1月 4日 ・ 初詣 江の島神社 混雑の様子もね



正月恒例、江島神社参拝。

* タイトルは「江の島神社」としてありますが「江島神社」が正式名称です。


2014.01.01_enoshima_004.jpg


今年の正月休みは元日のみだったので 2日 3日 と出勤し、本日やっと江の島神社へ参拝して来ました。 三箇日は過ぎてしまったけど、最後の2日間は土日が繋がっている為、お昼が近づくにつれ結構な人出で賑わっています。

当初、週間天気予報では雨マークが付いていましたが、前日確認すると幸いにも曇り時々晴れに。 年明けの出勤は2日間とも息つく暇もないほど忙しく両日とも午前様。 夕べも帰宅が午前1時近くになってしまい、寝たのが3時過ぎだったので、江の島へ車で向かいたかったのを我慢して朝はゆっくり7時半に起床し9時頃自宅を出ました。 正月早々寝不足で渋滞に巻き込まれるは真っ平御免被りたく電車を利用し車内で仮眠を取りながらの移動です。 いやー、程よく暖房が効いた心地よい揺れに仮眠を通り越して熟睡へと・・・。 家内の 「 もう直ぐ江の島だよ 」 の声でハッ!と目を覚ます有様でした・・・。(^^;

9時半頃、片瀬江ノ島駅に到着。 駅前の 「 弁天橋 」 を渡り、地下道を潜り抜けて 「 江の島弁天橋 」 のたもとから車道を見ると渋滞どころかこの時間はまだガラガラ状態。 人出もまだそれ程でもなく参拝の混雑も避けられそうかな?

と、と、と、橋を渡っていたらジャージ姿の団体さん? 背中の刺繍から鵠沼高校の陸上部のようです。
 混雑を避けられそうな期待が淡くも・・・、と思われましたが 「 辺津宮(へつのみや) 」 手前のお清め所 「 御手洗(みたらし) 」 までの行列です。 混雑の初っ端だったらしく、列の流れも意外と早くて参拝待ちは約5分程度。 辺津宮で参拝を済ませた後、お札とお守りを購入し「中津宮(なかつのみや)」へ急ぎます。 ここはまったく並ばずに参拝。 次は一番奥にあるその名の通りの「奥津宮(おくつのみや)」へ。 ここはコッキング苑や 「 龍恋の鐘 」 でお馴染み 「 恋人の丘 」 のまたその奥に位置しているため正月と言えど三箇日を過ぎると寂しい位に空いています。 最後は 「 龍宮(わだつみのみや) 」 を参拝してコッキング苑へ。 龍宮と言えば去年、ネコがお供え物のスルメに噛り付いており 「 龍宮の神様は龍ではなくネコだったりして!? 」
と大笑いしたのを思い出します。

コッキング苑では江の島冬の風物詩 ウィンター・チューリップ を見て来ましたが、今年もこの時期まだ完全には開き切らず、あとほんの少し時間が掛かりそうです。 一通り予定を済ませると11時半。 この時間になると流石に混雑しているだろうと思って戻りながら人出を観察。(笑)

奥津宮は私達が参拝した時の写真で10時半頃ですが、中津宮は11時35分、辺津宮に至っては11時40分頃の様子になります。 三箇日程ではないにしろ流石にこの時間になると人出も多くなっており、辺津宮参拝待ちの行列は 「 瑞心門 (ずいしんもん) 」 まで伸びています。 あ、そうそう、コッキング苑から車道の渋滞の様子も見てみましたので来年の参考に如何でしょう。 と、言っても三箇日を過ぎた翌日なので普段の土日渋滞程度だったりしますが・・・。(^^; リアルタイムでご覧になりたい方は文末に 「 えのぽ 」さんのライブカメラをリンクして置きますのでご覧下さい。

さて、時間も時間でお昼時。 実際、お腹はもうペコペコ、四六時中お腹の虫がグーグー鳴いています。 コッキング苑内のお蕎麦屋さん 「 松本楼 」 で温かい蕎麦でもと思ったんだけど、今日は江の龍さんに寄って 「 しらすまん 」 を食べよう! そして、ドラゴン広場で移動販売をしている 「 串もち 」 でお馴染み 「 まんぷく堂 」 さんでアッツアツの甘酒! これがもう双方空きっ腹に染み渡ります。 正月早々疲労困ぱい&寝不足のぼくの身体にしらすパワーと甘酒のアミノ酸は最高のエネルギー源になりました。



あっ、それから 八っ!
今度はレインボーラムネ独り占めしてもお母さんから怒られないよう、おじさんから八の独り占め用にお年玉代わりにプレゼントするから楽しみにしててね! (^^v





写真は戻りながらの時系列なので参拝の順番が逆になりますので悪しからずです。
 
2014.01.01_enoshima_006.jpg

奥津宮 10時半頃  ちょっと寂しいかな・・・?


2014.01.01_enoshima_007.jpg

中津宮 11時35分  んー、ボチボチです。。。


2014.01.01_enoshima_001.jpg

辺津宮 11時40分頃  ごった返すまでは行かないけど流石に正月。
どこまで行列が続いているのかと言うと、、、


2014.01.01_enoshima_002.jpg

御手洗(みたらし)を過ぎて、、、


2014.01.01_enoshima_003.jpg

瑞心門 (ずいしんもん)まで伸びて居りました。。。
三箇日のこの時間近辺どうだったんでしょう?


2014.01.01_enoshima_008.jpg

11時20分頃 江の島大橋の渋滞と弁天橋の人出の様子。


2014.01.01_enoshima_005.jpg

まんぷく堂さん。
何故か初めて伺った時に顔を覚えて頂いて、多分一年近く経ってから2度目の時に 「 あーっ! あの時の方っ!? 覚えてますよ! 」 と、こっちがびっくりした青森出身のご主人。 思い返すと最初の時に甘酒が美味しくてベタ褒めしたんだっけ。(^^;


そうそう、江の龍さんでの買い物とウィンター・チューリップの様子はまた後ほどアップしたいと思います。




実は龍宮の神様はネコだった!?
2013年 1月 2日 ・ 初詣 江の島神社



「 えのぽ(えのしま・ ふじさわポータルサイト) 」 ライブカメラ


「 食事と喫茶(おしゃれ工房)游 」 ライブカメラ




2014.01.04 江島神社初詣
posted by 氷吉 at 23:56| 神奈川 ☀| Comment(4) | 江の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

2014 初詣・まずは近所の氏神様



新年明けましておめでとう御座います。

今年は近所の氏神様への初詣から始まりました。

昨年は元日前夜に婆様の緊急入院、ぼく自身の腰痛やら何やらで

氏神様への参拝の前に江の島神社が初詣となりましたが、

先ほど無事に氏神様へのお参りを済ませて来ました。

道すがらお参りを済ませた方々とすれ違う度にどちらからとなく

おめでとう御座います

と挨拶を交わしながら歩くのは、やはり正月らしくていいですね。


2014.01.01_nanatsugi_001.jpg



2014.01.01_nanatsugi_002.jpg


2014年、皆様にとりましてより良きお年となりますようお祈り申し上げます。




2014.01.01 初詣
ラベル:初詣 氏神様
posted by 氷吉 at 01:28| 神奈川 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

来年の江島神社(えのしまじんじゃ)参拝は・・・



年内、30日が仕事納め。 年始、2日から仕事。 休みは31日と元日だけ。

毎年恒例であった正月2日の江島神社参拝&ウィンター・チューリップはスケジュール的に無理になってしまいました・・・。

まあ、ずっと昔居た現場は盆暮れ正月まったく関係なかったので、2日間だけでも休めるから有り難い事としましょう。。。


それはそうと、ここのところ会社を出る時間が23時過ぎになる事が多いのです。 そしてこの時期、湿度が高いと駐車場に停めてある車のフロントガラスに夜露が降りています。 今宵もまた外灯に照らされたフロントガラスに夜露が付いていました。 今夜はいつにも増して冷え込むので 「 もしかしたら凍ってるんじゃないかな? 」 と、指で夜露をなぞるとセーフ。 あー、さぶっ! 車に乗り込みドアをバン!と閉めたら外灯の明かりが透けて見えていた半透明のフロントガラスが一瞬の内に真っ白! まさか・・・、車から降りて再び夜露を指でなぞったらピキピキに凍っていました。 過冷却状態だった夜露がドアを閉めた衝撃で一瞬の内に凍結してしまったようです。 あーあ、エンジンが暖まって凍ったフロントガラスが解けるまで帰れないじゃねーか。。。




2013.12.28 年末年始&戯言
posted by 氷吉 at 02:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする