2012年08月19日

愛犬ちょび君、初めて海へ 8月18日 江の島



今朝もちょび君はいつものようにスヤスヤ眠っているように見えます。

ただ違うのは、夜中に一度もぐずらなかったこと。

夕べから、オシッコとウンチの量と回数を記録しなくなったこと。

朝、撫でてあげても冷たくなって動かないこと・・・。

夜中頃まで脚の付け根のお腹あたりはまだ温かかったのに、

今朝はどこをさわって探しても、ちょび君の温もりはありません。




本当は、もう少しだけちょび君と一緒にいたかったけど、不自由な身体で

暑い部屋では辛いだろうと、今朝早くお骨にしてもらいました。


寝たきりになってから1箇月以上もちょび君を見守ってくれた胡蝶蘭。

ちょび君の最後を告げるように、その花の数も段々少なくなっていました。

それでも、しおれそうになりながら最後まで頑張って咲いて

ちょび君を見守ってくれた花が5つ。

御棺に供えてあげよう。

ちょび君に一番似合っていたピンクのシャツ。

家内がちょび君の上に乗せてくれます。

やっぱりちょびはピンクだね。

ちょび君が愛用していた他のシャツや身の回りの物もいっぱい持たせて

やりたかったけど、一気に寂しくなりそうで、ほとんど手元に残してしまいました。




出掛けにポツポツ降り出した雨。

火葬場に着く頃には、かなり強い雨脚になり分厚い雲の中で雷がピカピカ。

ちょび君が荼毘にふされている間、大きな雷鳴まで響き渡ります。

まるで空も一緒に泣いてくれているようで切なくて辛くて・・・。

ぎりぎり咽び泣きで我慢していたぼく達の代わりに空が大声で泣いてくれた様です。

小さく、そして、軽くなってしまったちょび君のお骨。

四寸の骨壷に納め、そして真っ白な骨袋に包んで頂き、帰路は家内の膝の上。

途中、信号待ちでお骨を抱かせてもう。

まだ温かく、ちょびのいつもの体温が蘇ってくる。

昨日の午前中まで、ぼくや家内に抱っこされながらの食事。

ちょっと嫌がったけど、温かいお腹を圧迫しながらの排尿。

ちょっとだけクサかったけど、今となってはそれがちょび君の

思い出の一つとなってしまった強制排便。




あ、そうだ。

18歳長寿犬の表彰は受けられなくなっちゃったか。

でも、ちょび君、今は身体がうんと楽になったもんね。

身軽になったちょび君に、海を見せてあげたくて、そのまま江の島へ。




土曜日。

混んでいてもいいや。

お盆休みも終わった所為か、あれだけ渋滞していた江の島へ向かう道はガラガラ。

江の島が近づくにつれ、段々空も明るくなり始め

いつもの駐車場に車を停める頃に広がった青空。

なんか今日の空はちょび君のために泣いてくれたり笑ってくれたりだよね。




防波堤の柵の上にちょび君が入った骨壷を抱き乗せ、

ちょび君と家内とぼくの3人で海を眺める。

ちょび君と暮らした中ではほんの一瞬の間でしかなかったけど

一番切なく、けれど、それ以上に嬉しかった時間。

ちょび君と初めて一緒に見た海。

一生忘れない。




うん、江の龍さん寄っていこう。

ちょび君のおやつを買って帰ろう。

いつもちょび君を懇意にして下った店長さん。

ちょび君はいつもブログでしか店長さんにお会い出来なかったので

お骨になっちゃたけど直接会わせてあげたい。

ぼくのわがまま。

急に訪れてもご迷惑かと、前もって電話を入れたら今日は所用で14時から出勤。

いまの時間は妹さんがお店に出ていらっしゃるとのこと。

まだ少し時間もありすぎるので、店長さんには後日あらためてご挨拶へ伺う事に。




店長さんとの電話の中で、ぼくの説明が悪かったのか、それともお互い携帯どうしで

電波が悪く聞き取り辛かったのか、話している途中で笑ってしまいました。



「え?そんな長い間ご遺体を置いて大丈夫なの?剥製かなにかするんですか?」

「えっ?剥製? あ、いえ、もう火葬して頂いてお骨に・・・」



と、ちょっと小コントな様なやり取りで少し気が楽に(^^)



「どうぞ!いらしてください!」



そんな店長さんのお人柄がぼくも家内も本当に大好きです。

お墓に埋葬(と言っても狭い庭の片隅ですが・・・)する49日の前にもう一度

ちょび君と一緒に江の島へ散歩に行けそうです。

店長さん、お心遣いありがとうござます。


でも、せっかく江の島に来たのだし、ちょび君のおやつも買わなきゃならないので

今日は妹さんが切り盛りしているお店へ。

と、その前に・・・

以前ちょび君が喜んで食べてくれた「ぽちのおやつ」。

朱の大鳥居の所で売ってるワンコ用のクッキーを買ってから江の龍さんへ。


実を言うと、昨日からぼくの目は真っ赤なまま。

車のルームミラーで確認したらまだ引かない。

ちょび君の話が出たら家内もぼくも泣きそうです・・・。


こんにちはー!

江の龍さん。

やっぱり店長さんから妹さんへちょび君の話が伝わっていました。

しかし、不思議と悲しい感覚が消えていて、

ちょび君の最期を笑顔でお伝えすることが出来ました。




今、ちょっと思ったことがあります。

今日のこの日記を書き始めた時はまだちょび君への思いが募りすぎて、

目と鼻からなんだか知らないものがあふれ出てしょうがなかったけど

江の龍さんの話を書き始めたら凄く気が楽に。


もしかして、江の龍さんは江の島の隠れたパワースポット?

ご姉妹自身がパワーウーマン?


なにはともあれ、ちょび君に供えるおやつ(自分が食べたいものばかり・・・)を買ったら

あまり長居してもご迷惑になるので、別のお客さんがいらっしゃった事もあり帰路へ。

実はこの間、ちょび君はずっと家内のバッグの中。

当然、店内で骨壷を出す訳にもいかず、ちょび君にはそっと江の龍さんの

雰囲気を味わってもらいました。


幸い帰りの道も混むことはなく無事帰宅。

いつも寝ていたベッドにお骨になったちょび君を戻してご飯とお水とお菓子をお供え。


ちょび君、もう少しの間だけど、母ちゃんと一緒に寝ようね。


2012.08.18_chobi_001.jpg

ちょび君、また明日ね! おやすみなさい。




2012.08.18 ちょび君と江の島
posted by 氷吉 at 00:18| 神奈川 ☁| Comment(6) | 愛犬介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

最後のちょびメモ 8/17 受け入れ難いこと



■ 体重 10.8kg

■ 排泄
・オシッコ 深夜 1回、朝 2回、昼 2回、夜 2回 (総量 約269ml)

・ウンチ 朝 1回

色、匂い、ともに特に異常なし。

ウンチは伏せた体勢のまま、肛門を綿棒で軽く刺激して
便意を促し排泄。
1回の排便量が少ないので、時間を置いて数回排便させています。


■ 食事
朝 鶏ササミを茹でたもの60g
夜 


■ 備考

18時30分

呼吸困難から心臓マッサージの甲斐もなく、最後は私と家内の目を見つめたまま
腕の中で静かに息を引き取りました。

息を引き取る間際に膝の上に抱いたぼくの上で最後のおしっこ。
おしっこが染みたシャツとパンツ。
よごれちゃったけどちょびが残してくれた最後の匂い。
おもいっきり匂いを嗅ぐと涙があふれて止まりません。。。



その時間までちょび君が生きていた証にこのちょびメモをいつも通り書きます。

ちょび君ありがとう。




2012.08.17 ちょびメモ
posted by 氷吉 at 23:57| 神奈川 ☁| Comment(0) | 愛犬介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

ちょびメモ 8/16



■ 体重 10.8kg

■ 排泄
・オシッコ 深夜 2回、朝 2回、昼 1回、夜 2回 (総量 約264ml)

・ウンチ 夜 1回、 いつもより水分量少なく硬目(総量 27g)

色、匂い、ともに特に異常なし。

ウンチは伏せた体勢のまま、肛門を綿棒で軽く刺激して
便意を促し排泄。
1回の排便量が少ないので、時間を置いて数回排便させています。


■ 食事
朝 ほぼ残す。食べたのは小スプーン2杯だけ。
夜 半分ほど残す。残りは時間を置いて食べさせてみようと思う。


■ 備考

朝食を殆ど食べなかった所為もあり、排便は夜の少量一回のみ。
夕食の残した分を後で食べさせる予定だが、その時にもう少し排便するかも。


今日はメインフードをいつものドライタイプをお湯でふやかした物から、試しにシニア用ソフトタイプに変更。
それに常食のレトルト1袋(80g)、鶏ササミの茹でたものを40gほど用意したが、最初の食い付きは良いものの、半分ほど食べたところで止まる。
3年前まで、この時期は夏バテで食が細くなり、殆ど食べなくなる時があり、当時掛かり付けの獣医さんにて、夏バテの注射(ブドウ糖?)一発で復活していた経緯があるので、明日、通院時に相談してみる予定。
一昨年、昨年と、バテずに乗り切ったが今年はやはり無理な様子。
と言うか、単に夏バテ、そうであってほしい。このまま衰えていくのは辛い・・・。


膿皮症の処方薬を変更して正味44日。
こちらの薬で効果のある膿皮症は新たな発症見られず。

再発したものにドルバロンを使用して6日。
炎症は現状維持。

角膜炎に「 ヒアレイン点眼液0.1% 」 を使用して7日。
若干改善されて来た様な。


2012.08.16_chobi_001.jpg




2012.08.16 ちょびメモ
posted by 氷吉 at 22:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | 愛犬介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

ちょびメモ 8/15



■ 体重 10.8kg

■ 排泄
・オシッコ 深夜 2回、朝 2回、昼 2回、夜 1回 (総量 約 350ml)

・ウンチ 深夜 朝 1回、夜 1回 (総量 59g)

色、匂い、ともに特に異常なし。

ウンチは伏せた体勢のまま、肛門を綿棒で軽く刺激して
便意を促し排泄。
1回の排便量が少ないので、時間を置いて数回排便させています。


■ 食事
朝 普段通り完食。
夜 小スプーン3杯ほど残す。

■ 備考

今夜も食事を残す。
口を開けて食べようとする意思はあるのだが、上手く口中に入れることが出来ず。
少しずつスプーンで介助しても、いざ口に入ると飲み込むの躊躇っているように
見えるから食事に対する嗜好が変わったのかも知れない。
昨日、試しに与えた茹で豚はペロリと食べたので、フードの変更を考えてみる必要あり。


膿皮症の処方薬を変更して正味43日。
こちらの薬で効果のある膿皮症は新たな発症見られず。

再発したものにドルバロンを使用して5日。
炎症は現状維持。

角膜炎に「 ヒアレイン点眼液0.1% 」 を使用して6日。
昨日と見た目変わらず。


2012.08.15_chobi_001.jpg




2012.08.15 ちょびメモ
posted by 氷吉 at 22:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | 愛犬介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

ちょびメモ 8/14



■ 体重 10.9kg

■ 排泄
・オシッコ 深夜 2回、朝 2回、昼 1回、夜 4回 (総量 約 300ml)

・ウンチ 深夜 朝 1回、夜 2回 (総量 69g)

色、匂い、ともに特に異常なし。

ウンチは伏せた体勢のまま、肛門を綿棒で軽く刺激して
便意を促し排泄。
1回の排便量が少ないので、時間を置いて数回排便させています。


■ 食事
朝 普段通り完食。
夜 小スプーン4杯ほど残す。
  (他、茹で豚20g)

■ 備考

食事を少し多目に残したので、茹で豚を20gほど与えたところ
目の色を変えてペロリ。


膿皮症の処方薬を変更して正味42日。
こちらの薬で効果のある膿皮症は新たな発症見られず。

再発したものにドルバロンを使用して4日。
炎症は現状維持。

角膜炎に「 ヒアレイン点眼液0.1% 」 を使用して5日。
昨日と見た目変わらず。


2012.08.14_nouhou_002.jpg

2012.08.14_nouhou_001.jpg

目立った炎症はこの一箇所。




2012.08.14 ちょびメモ
posted by 氷吉 at 23:33| 神奈川 ☀| Comment(0) | 愛犬介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

ちょびメモ 8/13



■ 体重 11.0kg

■ 排泄
・オシッコ 深夜 3回、朝 4回、昼 1回、夜 4回 (総量 約 407ml)

・ウンチ 深夜 1回、朝 1回、夜 2回 (総量 88g)

色、匂い、ともに特に異常なし。

ウンチは伏せた体勢のまま、肛門を綿棒で軽く刺激して
便意を促し排泄。
1回の排便量が少ないので、時間を置いて数回排便させています。


■ 食事
朝 普段通り完食。
夜 今夜はなんとか完食。


■ 備考

膿皮症の処方薬を変更して正味41日。
こちらの薬で効果のある膿皮症は新たな発症見られず。

再発したものにドルバロンを使用して3日。
炎症は現状維持。

角膜炎に「 ヒアレイン点眼液0.1% 」 を使用して4日。
昨日と見た目変わらず。


日に日に食事が下手になってくる。
今日はなんとか完食してくれたけど、一口一口が本当に少なくなって来た。
流動食をシリンジで与え始める日もそう遠くないのかも知れない。


2012.08.13_chobi_001.jpg




2012.08.13 ちょびメモ
posted by 氷吉 at 23:02| 神奈川 ☁| Comment(0) | 愛犬介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

ちょびメモ 8/12



■ 体重 11.1kg

■ 排泄
・オシッコ 深夜 2回、朝 2回、昼 2回、夜 3回 (総量 約 420ml)

・ウンチ 深夜 1回、昼 1回、夜 2回 (総量 83g)

色、匂い、ともに特に異常なし。

ウンチは伏せた体勢のまま、肛門を綿棒で軽く刺激して
便意を促し排泄。
1回の排便量が少ないので、時間を置いて数回排便させています。


■ 食事
朝 普段通り完食。
夜 今夜も小スプーン2杯ほど残す。


■ 備考

膿皮症の処方薬を変更して正味40日。
こちらの薬で効果のある膿皮症は新たな発症見られず。

再発したものにドルバロンを使用して2日。
炎症は現状維持。

角膜炎に「 ヒアレイン点眼液0.1% 」 使用して3日。
見た目の炎症はまだ改善されないが、目の表面が以前より
明らかに潤って見える。傷以外に角膜全体に軽い炎症が
あったのかも。


今日は水を良く飲むが、ここ連日食事を少し残し気味。
自分の力では容器から口の中に取り入れる事が段々難しくなって来ている様なので、スプーンで介助しながらの食事ですが、最後は嚥下するのも疲れてしまい食べるのを諦めているように見えます。
幸いまだ食欲自体はあるので、どうにかこの夏を乗り切ってくれる事を願うばかり。


2012.08.12_chobi_001.jpg

何故かウンチの時だけ、目がイキイキと見えるちょび君・・・(^^;




2012.08.12 ちょびメモ
posted by 氷吉 at 21:32| 神奈川 ☁| Comment(0) | 愛犬介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

ちょびメモ 8/11



■ 体重 11.0kg

■ 排泄
・オシッコ 深夜 2回、朝 2回、昼 3回、夜 2回 (総量 約 265ml)

・ウンチ 朝 1回、夜 2回 (総量 68g)

色、匂い、ともに特に異常なし。

ウンチは伏せた体勢のまま、肛門を綿棒で軽く刺激して
便意を促し排泄。
1回の排便量が少ないので、時間を置いて数回排便させています。


■ 食事
朝 普段通り完食。
夜 小スプーン2杯ほど残す。


■ 備考

膿皮症の処方薬を変更して正味39日。
こちらの薬で効果のある膿皮症は新たな発症見られず。

再発したものに本日からドルバロン使用。

角膜炎には昨日より 「 ヒアレイン点眼液0.1% 」 使用。


昨日から食事も少し残し、今日は水もあまり飲みたがらず。
便量、尿量、ともに少な目。


2012.08.11_chobi_001.jpg




2012.08.11 ちょびメモ
posted by 氷吉 at 22:11| 神奈川 ☁| Comment(0) | 愛犬介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

ちょびメモ 8/10



■ 体重 11.0kg

■ 排泄
・オシッコ 深夜 4回、朝 2回、昼 2回、夜 3回 (総量 約 465ml)

・ウンチ 深夜 1回、早朝 1回、夜 2回 (総量 119g)

色、匂い、ともに特に異常なし。

ウンチは伏せた体勢のまま、肛門を綿棒で軽く刺激して
便意を促し排泄。
1回の排便量が少ないので、時間を置いて数回排便させています。


■ 食事
朝 普段通り完食。
夜 小スプーン2杯ほど残す。


■ 備考

膿皮症の処方薬を変更して正味38日。
こちらの薬で効果のある膿皮症は新たな発症見られず。

再発したものに以前処方されていた外用薬を塗布して24日。
炎症は現状維持。

本日、再発しているものについて受診。
「ドルバロン」に外用薬を変更して様子をみようとの事。

先日、左眼球の表面(角膜)に薄っすら傷があるように見えたので受診したついでに見て貰いました。
画像だと光の反射や写り込みのようにも見えますが、白枠部分の角膜の艶が無くなっています。
睡眠時に目を半開きで寝ている事が多く角膜が乾燥し炎症を起こしているようです。
いつも右側を下に寝ているので、右目は自然と閉じた状態になり炎症は免れています。
点眼薬「ヒアレイン点眼液0.1%」を処方して貰いました。


2012.08.10_kakumaku_001.jpg

2012.08.10_kakumaku_002.jpg

老化が目立ち始めた初期の頃に軽度の白内障がみられ、その進行を予防する点眼薬を処方されたのですが、かなり嫌がって首を振り暴れるので結局断念した経緯があります。

「目に何か入れられる」⇒「本能的に危険と判断」⇒「暴れて抵抗」

当たり前の行動ですよね。
でも今はそういう感覚もなくなってしまったようです。
もう「なすがまま」、「されるがまま」、何をされても無抵抗・・・。




2012.08.10 ちょびメモ
posted by 氷吉 at 23:55| 神奈川 ☁| Comment(0) | 愛犬介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

ちょびメモ 8/9



■ 体重 11.1kg

■ 排泄
・オシッコ 深夜 2回、朝 1回、昼 2回、夜 3回 (総量 約 321ml)

・ウンチ 深夜 1回、早朝 1回、夜 2回 (総量 103g)

色、匂い、ともに特に異常なし。

ウンチは伏せた体勢のまま、肛門を綿棒で軽く刺激して
便意を促し排泄。
1回の排便量が少ないので、時間を置いて数回排便させる。


■ 食事
朝 普段通り完食。
夜 いつもの量を完食。


■ 備考

膿皮症の処方薬を変更して正味37日。
こちらの薬で効果のある膿皮症は新たな発症見られず。
再発したものに以前処方されていた外用薬を塗布して23日。
炎症は現状維持。


最近、家内の方がオシッコ絞りを上手にこなす様になりました。
ちょっと悔しいかも・・・笑


2012.08.09_chobi_001.jpg




2012.08.09 ちょびメモ
posted by 氷吉 at 23:06| 神奈川 ☁| Comment(0) | 愛犬介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする