2014年05月10日

江ノ電 藤沢駅から徒歩で江の島


今日は、家内と一緒になんとなく藤沢駅から江ノ電の線路伝いに歩いて江の島まで行ってみました。
もう日中の陽気はすっかり初夏ですね。
服装も、今日からアロハシャツ解禁! と、今年初のアロハ着用でしたが大正解。
歩いている途中、モロに日差しを受けるともう暑い暑い、しかし時々木陰に入るとカラッとした陽気に相俟ってこれがハワイの様な陽気に早代わりするもんだからとても気持ちの良い散歩でした。

朝、8時過ぎに家を出発。 小田急で藤沢まで行き、駅前のコンコースを渡って江ノ電藤沢駅へ。
江ノ電に乗ってしまえば、あっという間ですが、今日はここから徒歩で江の島を目指します。


2014.05.10_enoshima_001.jpg

朝 8時50分、江ノ電藤沢駅出発。



2014.05.10_enoshima_002.jpg

勿論、改札は通らず、この先の階段を下って道路に出ます。



2014.05.10_enoshima_003.jpg

さあ、歩くぞ!と。 でもそんなに気合は入れません。
江ノ電は藤沢駅から石上駅までは高架です。



2014.05.10_enoshima_004.jpg

駅直前で地上に下りて一つ目の 「 石上駅 」。
ここからチンタラブラブラ歩いていると・・・、



2014.05.10_enoshima_005.jpg

ほどなく二つ目の 「 柳小路駅 」。



2014.05.10_enoshima_006.jpg

2014.05.10_enoshima_007.jpg

線路脇には、初夏らしい色の花がずっーーーと植えられていました。
ふたたび、トコトコチンタラ歩いていると、、、



2014.05.10_enoshima_008.jpg

鵠沼駅が見えて来ました。
複線になっているので丁度すれ違い待ち合わせの場面に遭遇。



2014.05.10_enoshima_009.jpg

鵠沼駅前。
ん? 画像左下の灰皿の陰にワンコが。



2014.05.10_enoshima_010.jpg

タバコ屋さん?の看板犬 「 ムサシ君 」。
お店の奥さん曰く、学校帰りの小学生達のアイドルなんだそうです。
凄くおとなしくて、妙に人間くさいお目々が可愛過ぎます!(笑)
ここから、駅前の写真右奥に見える細い道を線路に沿って暫く歩きます。



2014.05.10_enoshima_011.jpg

すると境川の鉄橋にぶつかるので、江ノ電の線路とは暫くお別れ。



2014.05.10_enoshima_012.jpg

川沿いのこの道を歩くことにします。



2014.05.10_enoshima_013.jpg

海から 2km、海抜 5.1m。



2014.05.10_enoshima_015.jpg

途中、雰囲気良さ気な公園を見つけたので散策してみました。
「 下藤が谷公園 」。



2014.05.10_enoshima_014.jpg

飼い犬のウンチ拾わぬ者は市中引き回しの刑に処す。 ヒェーっ!
この御触れが功を奏しているのか、ホントに道は綺麗なもんです。
放置ウンチは一つも見当たりませんでした。



2014.05.10_enoshima_017.jpg

下藤が谷公園を出ると、遠くに江の島が見えていました。



2014.05.10_enoshima_018.jpg

川沿いの道から見えた何気に溶け込んでいるレトロカー。
このまま川沿いを進んでしまうと小田急の駅に行ってしまう為、どこかで橋を渡って対岸に出ます。



2014.05.10_enoshima_019.jpg

程なくして 「 湘南海岸公園駅 」 に到着。
江ノ島駅まであと一つ!



2014.05.10_enoshima_020.jpg  2014.05.10_enoshima_021.jpg

プラリンコプラリンコ歩いているともうこんなトコまで来ちゃった!?
湘南モノレール 「 湘南江の島駅 」。

江ノ電は「 江ノ島駅 」、モノレールは 「 江の島駅 」、小田急は 「 片瀬江ノ島駅 」。
水族館は「 新江ノ島水族館 」。
因みに現在 「 島 」 そのものに使われている公称地名は 「 江の島 」。



2014.05.10_enoshima_022.jpg

で、後ろを振り返ると本日の終点、江ノ電 「 江ノ島駅 」 に到着!



2014.05.10_enoshima_023.jpg

しかし、目的地は 「 江の島 」なので、すばな通りを抜けてもう少し歩きます。



2014.05.10_enoshima_024.jpg

すばな通りを抜けたら、小腹が空いて来たのでマックに寄ってテイクアウトしたハンバーガーを持って西プロムナードで腹ごしらえ。そしてお腹を満たしたら江の島へ。 そーだぁ、サザエ島へ行こう!



2014.05.10_enoshima_025.jpg

島内ヨットハーバー・プロムナードにあるサザエ島から入り口方向。
現在、右側に見える建設工事の為、従来の入り口からは入って来れませんでした。
先の事務棟まで進んで一旦ハーバー内に入り、敷地を戻って来なければなりません。



2014.05.10_enoshima_026.jpg

サザエ島の足元にあるタイドプールを見ていたら・・・



2014.05.10_enoshima_027.jpg

家内が 「 ねーねー、波平さんがいたよーっ! 」
あらま、そっくり!(笑)



2014.05.10_enoshima_028.jpg

例の件あたりから、猫失踪事件が相次いでるので何処とは書きませんけどいつもの公園で。
ホント猫の姿が少なくなりました・・・。



2014.05.10_enoshima_029.jpg

さて、そろそろ江の龍さんの開店時間も過ぎたので、と思ったんだけどまだ準備中。
ドラゴン広場の奥にある階段で暫しのあいだ時間つぶし。



2014.05.10_enoshima_030.jpg

おっ! お爺ちゃん、ヒイラギ釣れたねっ!



2014.05.10_enoshima_031.jpg

暑っい! もう真夏の日差し・・・。



2014.05.10_enoshima_032.jpg

江の龍さん、そろそろかな? と思ったけど、残念!
春先から店舗を止めて外売りだけになっちゃったから、こうなると何処にいらっしゃるのやら。。。

今日は午後から所要があるので、また来まーす!


江ノ電「藤沢駅」から「江ノ島駅」まで、寄り道しながら歩いた距離は約 4km。
時間は写真のタイムスタンプから藤沢駅 8:50、江ノ島駅 10:22 となっていました。
さっさと歩けば40から50分ってところでしょうか。
意外と歩き足りないというか、あっという間に江の島に着いてしまいました。
江ノ電の江ノ島駅から、海岸と島内をブラブラしたのが約 5kmで計9km。
帰りも!と行きたいところでしたが、やっぱり疲れて小田急で寝ていきました・・・。(^^;


次回は江ノ電 「 鎌倉駅 」から 「 江ノ島駅 」 まで歩いてみようと思います。
これから暑くなるばかりだから秋かな?




2014.05.10 江の島


posted by 氷吉 at 23:09| 神奈川 | Comment(6) | 江の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

江の龍さん閉店・・・



突然、、、

まさか、、、

一時、そのようなお話をお聞きしましたが、

まだ続けます!

と仰っていたので安心していたのですが、、、

ついにその決断をなされたそうです。

忙しさや天候に影響され江の島にはトンとご無沙汰。

前回いつ伺ったっけ? 正月の4日に立ち寄ったのみ。

そこへ江の龍さんから閉店のお知らせ。

当分の間は外売りだけ続けられるそうなので、

完全に 『 江の龍 』 の名前が消え去る訳ではないけれど

正直、ショックは隠せません。

私達が 『 駄菓子屋江の龍 』 とお付き合い出来たのは約4年ほどでしたが

ちょび君の事から色々とお気遣い並びに励まして頂き本当に有難う御座いました。

そして、占い師としての新しい門出を私達夫婦そしてちょび君も心から応援しております!

お店を任された10年間本当にご苦労様でした。

ここの所、家内と休みが合わないので次回いつ行けるか分かりませんが

外売りをなさっている内に絶対に伺います!




2014.03.03 江の島
posted by 氷吉 at 00:34| 神奈川 ☀| Comment(0) | 江の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

黒糖と生姜の花林糖(かりんとう)& 黒糖ふ菓子



えーと、江の島神社参拝から一週間。

何やかんやと忙しくて江の龍さんで購入した駄菓子の写真を撮れず今日の今日まで我慢な状態。

やっとこさ時間が出来たのでこれ書きながら食べています。

定番、伊藤軒のお菓子達。

本日、紹介するのは生姜と黒糖の花林糖&黒糖ふ菓子です。

生姜大好きなぼくは、生姜を使ったお菓子に目がありません。

花林糖に至っては友人に 「 おまえはテツちゃんか!? 」 と言われるほど大好きなのです。

(テツちゃん=花林糖が大好物な「じゃりんこチエ」の父親)


もうあれですよ、大好物がコラボってる駄菓子なんて至福の絶頂です!(^^;

コンビニや近所のスーパーで購入して食べる花林糖も勿論美味しいのですが

伊藤軒さんの花林糖は全然油っこく無くて小麦の素朴さが味わえる一品です。

一品と書きましたが、ぼくの中では読みは同じなれど逸品な花林糖。

もうね、まじで美味しいんです。

花林糖を包んでいる蜜の多さがすごく甘ったるそうに見えますがそこは伊藤軒。

全然甘さを表に出していません。

油っこく無く、甘さも控え目。

ちょっと残念だったのは、ぼくが期待していた生姜の香りも少し控え目・・・。

でもこれが逆の裏切りだったりするのです。

甘さ、生姜の香り、油っこさ、どれも何一つとして出しゃばらず

小麦の味と相俟って、まとまりの良い仕上がりになっています。

黒糖花林糖の方も上品な素朴さが前面に出ていて勿論こちらもお勧め。

ふ菓子! これ嵌った! 

駄菓子屋で売っているあの長いやつより「じわっ」とした歯応えがあって口溶けもまろやか。

もうホントすげーな、伊藤軒の菓子作りって。

って、毎回、毎回、江の龍さんと伊藤軒さんの宣伝みたいになってますが、

ぼく個人の率直な感想なのであしからず。。。




2014.01.01_enoryuu_005.jpg

2014.01.01_enoryuu_003.jpg

2014.01.01_enoryuu_002.jpg

2014.01.01_enoryuu_004.jpg
posted by 氷吉 at 00:53| 神奈川 ☀| Comment(0) | 江の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

2014年 1月 4日 ・ 初詣 江の島神社 混雑の様子もね



正月恒例、江島神社参拝。

* タイトルは「江の島神社」としてありますが「江島神社」が正式名称です。


2014.01.01_enoshima_004.jpg


今年の正月休みは元日のみだったので 2日 3日 と出勤し、本日やっと江の島神社へ参拝して来ました。 三箇日は過ぎてしまったけど、最後の2日間は土日が繋がっている為、お昼が近づくにつれ結構な人出で賑わっています。

当初、週間天気予報では雨マークが付いていましたが、前日確認すると幸いにも曇り時々晴れに。 年明けの出勤は2日間とも息つく暇もないほど忙しく両日とも午前様。 夕べも帰宅が午前1時近くになってしまい、寝たのが3時過ぎだったので、江の島へ車で向かいたかったのを我慢して朝はゆっくり7時半に起床し9時頃自宅を出ました。 正月早々寝不足で渋滞に巻き込まれるは真っ平御免被りたく電車を利用し車内で仮眠を取りながらの移動です。 いやー、程よく暖房が効いた心地よい揺れに仮眠を通り越して熟睡へと・・・。 家内の 「 もう直ぐ江の島だよ 」 の声でハッ!と目を覚ます有様でした・・・。(^^;

9時半頃、片瀬江ノ島駅に到着。 駅前の 「 弁天橋 」 を渡り、地下道を潜り抜けて 「 江の島弁天橋 」 のたもとから車道を見ると渋滞どころかこの時間はまだガラガラ状態。 人出もまだそれ程でもなく参拝の混雑も避けられそうかな?

と、と、と、橋を渡っていたらジャージ姿の団体さん? 背中の刺繍から鵠沼高校の陸上部のようです。
 混雑を避けられそうな期待が淡くも・・・、と思われましたが 「 辺津宮(へつのみや) 」 手前のお清め所 「 御手洗(みたらし) 」 までの行列です。 混雑の初っ端だったらしく、列の流れも意外と早くて参拝待ちは約5分程度。 辺津宮で参拝を済ませた後、お札とお守りを購入し「中津宮(なかつのみや)」へ急ぎます。 ここはまったく並ばずに参拝。 次は一番奥にあるその名の通りの「奥津宮(おくつのみや)」へ。 ここはコッキング苑や 「 龍恋の鐘 」 でお馴染み 「 恋人の丘 」 のまたその奥に位置しているため正月と言えど三箇日を過ぎると寂しい位に空いています。 最後は 「 龍宮(わだつみのみや) 」 を参拝してコッキング苑へ。 龍宮と言えば去年、ネコがお供え物のスルメに噛り付いており 「 龍宮の神様は龍ではなくネコだったりして!? 」
と大笑いしたのを思い出します。

コッキング苑では江の島冬の風物詩 ウィンター・チューリップ を見て来ましたが、今年もこの時期まだ完全には開き切らず、あとほんの少し時間が掛かりそうです。 一通り予定を済ませると11時半。 この時間になると流石に混雑しているだろうと思って戻りながら人出を観察。(笑)

奥津宮は私達が参拝した時の写真で10時半頃ですが、中津宮は11時35分、辺津宮に至っては11時40分頃の様子になります。 三箇日程ではないにしろ流石にこの時間になると人出も多くなっており、辺津宮参拝待ちの行列は 「 瑞心門 (ずいしんもん) 」 まで伸びています。 あ、そうそう、コッキング苑から車道の渋滞の様子も見てみましたので来年の参考に如何でしょう。 と、言っても三箇日を過ぎた翌日なので普段の土日渋滞程度だったりしますが・・・。(^^; リアルタイムでご覧になりたい方は文末に 「 えのぽ 」さんのライブカメラをリンクして置きますのでご覧下さい。

さて、時間も時間でお昼時。 実際、お腹はもうペコペコ、四六時中お腹の虫がグーグー鳴いています。 コッキング苑内のお蕎麦屋さん 「 松本楼 」 で温かい蕎麦でもと思ったんだけど、今日は江の龍さんに寄って 「 しらすまん 」 を食べよう! そして、ドラゴン広場で移動販売をしている 「 串もち 」 でお馴染み 「 まんぷく堂 」 さんでアッツアツの甘酒! これがもう双方空きっ腹に染み渡ります。 正月早々疲労困ぱい&寝不足のぼくの身体にしらすパワーと甘酒のアミノ酸は最高のエネルギー源になりました。



あっ、それから 八っ!
今度はレインボーラムネ独り占めしてもお母さんから怒られないよう、おじさんから八の独り占め用にお年玉代わりにプレゼントするから楽しみにしててね! (^^v





写真は戻りながらの時系列なので参拝の順番が逆になりますので悪しからずです。
 
2014.01.01_enoshima_006.jpg

奥津宮 10時半頃  ちょっと寂しいかな・・・?


2014.01.01_enoshima_007.jpg

中津宮 11時35分  んー、ボチボチです。。。


2014.01.01_enoshima_001.jpg

辺津宮 11時40分頃  ごった返すまでは行かないけど流石に正月。
どこまで行列が続いているのかと言うと、、、


2014.01.01_enoshima_002.jpg

御手洗(みたらし)を過ぎて、、、


2014.01.01_enoshima_003.jpg

瑞心門 (ずいしんもん)まで伸びて居りました。。。
三箇日のこの時間近辺どうだったんでしょう?


2014.01.01_enoshima_008.jpg

11時20分頃 江の島大橋の渋滞と弁天橋の人出の様子。


2014.01.01_enoshima_005.jpg

まんぷく堂さん。
何故か初めて伺った時に顔を覚えて頂いて、多分一年近く経ってから2度目の時に 「 あーっ! あの時の方っ!? 覚えてますよ! 」 と、こっちがびっくりした青森出身のご主人。 思い返すと最初の時に甘酒が美味しくてベタ褒めしたんだっけ。(^^;


そうそう、江の龍さんでの買い物とウィンター・チューリップの様子はまた後ほどアップしたいと思います。




実は龍宮の神様はネコだった!?
2013年 1月 2日 ・ 初詣 江の島神社



「 えのぽ(えのしま・ ふじさわポータルサイト) 」 ライブカメラ


「 食事と喫茶(おしゃれ工房)游 」 ライブカメラ




2014.01.04 江島神社初詣
posted by 氷吉 at 23:56| 神奈川 ☀| Comment(4) | 江の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

素朴な味わい 「 正油ぽん 」



ウッドデッキで黄昏時を迎えた後、江の龍さんに立ち寄りました。

家内はレインボーラムネ。 ぼくはこの 「 正油ぽん 」 がお目当て。

このお菓子、所謂 「 ぽんせん 」 です。

敢えて言うなら正直こう際立った特徴は御座いません。

だからこそ素朴という言葉がぴったりなのです。

素朴な歯ざわり、素朴な風味。

ぼくが思うところ、伊藤軒さんが得意とする「 素朴さ 」 が一番感じられるお菓子ではないでしょうか。

醤油煎餅のように決してしょっぱくなく、だからと言ってもの足りなくも無い「醤油の風味」がザクザクした歯ざわりと相俟ってほんとクセになります。

昔を知らない若い方もきっと笑顔になる懐かしさ。

こういうお菓子に出会えると、とっても嬉しくなります。


2013.12.07_shouyupon_001.jpg


2013.12.07_shouyupon_002.jpg



店長さん、今日は本当にありがとう御座いました。 店長さんが決断したその日が来るまで 「 江の島と言えば江の龍 」でいてください。




2013.12.07 江の龍
posted by 氷吉 at 02:28| 神奈川 ☀| Comment(0) | 江の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黄昏待ちのワンちゃん 〜 江の島シーキャンドル・ライトアップ 12/7



先週の土曜日に江の島シーキャンドルの点灯式が行われました。

通年欠かさず通っていた年末の点灯式ですが、残念ながら今年は所用が重なってしまい行く事が出来ず、一週間遅れでライトアップだけ見に行って来ました。

点灯開始時間は午後5時。 ちょっと早目に出掛けたので、片瀬漁港・西プロムナードのウッドデッキに立ち寄って夕焼け待ちをしていると、小さなワンちゃんも黄昏時を待っていました。 

風もなく穏やかな陽気、ちょっと寒くなって来たけどウッドデッキの上はゆっくり時間が流れます。


2013.12.07_enoshima_002.jpg


2013.12.07_enoshima_001.jpg

この夕日が沈んでしまうと・・・


2013.12.07_enoshima_004.jpg

うたかたの黄昏時。


2013.12.07_enoshima_003.jpg




2013.12.07 江の島
posted by 氷吉 at 01:13| 神奈川 ☀| Comment(0) | 江の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

レインボーラムネ & シマダのラムネ



「 みかんドロップ 」 と一緒に江の龍さんで購入しました。

レインボーラムネ と シマダのラムネ、双方ラムネ界の王道ですね。 江の龍さんに言わせると、レインボーラムネはラムネクイーンで、シマダのラムネはラムネキングだそうです。 うん、まさに!

クイーンのレインボーラムネ、キングのシマダのラムネ、風味も口溶けもその名にふさわしいものになっています。 

先ずはキングのシマダのラムネ。 もうこれは、味、形とも、子供の頃に食べたラムネのそれ。 昔、駄菓子屋で数粒ずつ色付きセロファンに包まれて 1個 5円 とか 10円で売っていたあれです。 なんて表現すればいいかなぁ、言ってみれば クッピーラムネ とも少し違って酸っぱさが際立ち懐かしさが込み上げてくる味わい。 口溶けも少々荒く、まさにこれぞラムネ! って感じなのです。

ぼくが瓶からラムネを取り出して口に入れる仕草を見ていた家内が何故か爆笑。。。

「 だって、本当に子供みたいな顔になるんだもん!(爆) 」

んー、そっかぁ?



次にクイーンのレインボーラムネ。 イコマ製菓本舗で作られるある意味貴重な幻のラムネです。 何がそんなに貴重で幻かと言うと、最後にイコマ製菓本舗のリンクを貼って置きますのでご覧ください。

楽しそうなひと口サイズのまん丸な形、白の中に淡いピンクや黄色や水色に彩られた粒が混ざって パッケージも8個入りの可愛らしいものです。 味はと言うと、たかがラムネと侮るなかれ。 キングのそれとは全く違い、酸っぱさ控え目なれど食べた事のある方なら分かると思いますが奥深いものがあります。 なんて言うか、こう上手く表現出来ませんが、ほっとするような癒しの味。 うん、基本ラムネなんだけど、尖がった酸っぱさが全然なくて食べると 「 ほっこり 」 するような口溶けと優しさに満ち溢れた味に大袈裟だけど 「 幸せ 」 まで感じてしまいます。 レインボーラムネを食べると 「 日本人に生まれて良かった 」 って思ったりもしちゃうのです。


最後になりますが、店長さん、妹さん、肩の件でお気遣いありがとう御座いました。


2013.11.02_rainbow_ramune_001.jpg

2013.11.02_shimada_no_ramune_001.jpg


2013.11.02_shimada_no_ramune_002.jpg



何故レインボーラムネが幻と言われるのか?こちらのリンクを辿って見て下さい。
イコマ製菓本舗





2013.11.03 江の龍
posted by 氷吉 at 19:52| 神奈川 ☁| Comment(0) | 江の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お口も楽しい 「 みかんドロップ 」



昨日、久しぶりに江の島まで散歩に行って来たのですが、実はお弁当の他にもう一つ目的というか楽しみがあったりしたのです。 金曜の夜、何気なしに江の龍さんのブログを見ていたら 「 みかんドロップ 」 という飴菓子が紹介されていました。 これはグッドタイミング! 飴をよく口にするぼくは、この手の商品に非常に惹かれてしまったりするのです。(^^;


江の龍さんのお菓子の定番、京の手仕事でお馴染み「 伊藤軒 」 の商品です。

江の龍さんで扱うお菓子は、お店の方が実際に試食して自分で気に入ったものしか仕入れないとう方法をとっているそうですが、ありがたい事にその甲斐あってか伊藤軒を始めどのお菓子を買っても今まではずれ無しで本当に美味しいものばかり。 期待を裏切られる事はあっても意外な方向の裏切りで 「 お、こう来たか! 」 と思わずニッコリほっこりしてしまう訳なのです。 この 「 みかんドロップ 」 もワクワク楽しみ。 



目でもお口でもおいしい。

みかんの美味しさをぎゅっと詰め込みました。


キャッチコピーです。 ちょっと想像するに、オレンジのフレーバーを多目に使って 「 みかんらしさ 」 を強調しているのかな? 江の龍さんのブログに載っていた写真のパッケージと飴玉の形に惹かれたけど、味は単なるオレンジキャンディーなのかな?

なんて想像しながら一粒口に放り込んでみると、、、

ほーら! 裏切られた! いい方に!

「 み か ん 」 だよこれ! 「 み か ん 」。

もっとも、オレンジ味なんてぼくが勝手に頭の中に浮かべてただけで、商品名も 「 みかんドロップ 」 って書いてありましたね。 寒い日にこたつで食べるあの 「 みかん 」 です。 ほど良い酸味に溶け込んだほんのりした甘味が日本のみかんらしくてイイネこれ。 おまけに小さ目な形に相俟って、みかんの粒々が舌の上に感じるので口の中が楽しくなっちゃいます。 思わず笑顔。(^^v


2013.11.02_mikan_drop_001.jpg

2013.11.02_mikan_drop_002.jpg




2013.11.03 江の龍
posted by 氷吉 at 18:46| 神奈川 ☁| Comment(0) | 江の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

お弁当を持って江の島でお昼ごはん



江の島でお昼ご飯!

久しぶりの江の島散歩とあって、もう数日前から楽しみにしていました。

朝はゆっくり起きて9時半頃に出発。 まだ3連休の初日とあってか道は意外と空いていて、江の島奥の駐車場に車を入れると駐車券の打刻は10時12分とありました。 以前の日記にも書きましたけど、ここ「 湘南港臨港道路付属駐車場 」 は今年の4月に料金改定があり、以前のように駐車料金を気にせず気軽に利用することが出来なくなってしまいました。(駐車料金に関しては文末のリンクからご覧ください) 

流石にお昼にはまだ早いので、定番の某駐車場の猫たちと遊びながら写真を撮ったり、ドラゴン広場の奥にある階段で海を眺めたり。 あ、そうそう、今日は潮が丁度引いている時間だったのでエノスパの真下にあたる小さな砂浜に足跡付けてみたりと。 

で、この階段の下にパワースポットとしても有名な海に突き出した岩があります。 

2013.11.02_enoshima_001.jpg

この写真の右にちょっとだけ見切れてるこれも有名なマッコウクジラに似た鯨岩があったりします。 階段から見ると本当にマッコウクジラそっくりだったりする訳ですが、ちょっと見る角度を変えて眺めるとあら不思議! トドが昼寝をしている姿に変化するではありませんか!(笑)

2013.11.02_enoshima_002.jpg

2013.11.02_enoshima_003.jpg



で、今日はちょっとあれですね、寒いので気合を入れ階段を使って頂上目指します。 階段を昇っていると当然息も切れて来ますが、頂上に到達する頃に体はポカポカになって思わず腕捲り。 さっきまでの 「 うは、寒いなぁ・・・ 」 は何だったんでしょ? 

今日は何となくコッキング苑には寄らず江の島大師へ。 門を入ってすぐ左手を進むと何気に落ち着いた庭園になっていて花壇には季節折々の花が咲いています。 
今の時期は濃い緑の葉に映える黄色い花のツワブキが印象的。 たかがツワブキなのですが、よく見ると意外と綺麗だったりする訳なのです。 それから、花期が長かった エンゼルトランペット もそろそろ終わりの頃。 この時期になると鼻を近付けてもあの良い香りはまったくしません。。。

芝生の小道を回りこむと眼下に池があり、時々つがいのカモが羽を休めていたりと見ているこちらも心が休まります。 ここは人も居なくてゆっくり出来るので穴場的な存在ですね。



2013.11.02_enoshima_007.jpg



2013.11.02_enoshima_004.jpg

2013.11.02_enoshima_005.jpg

2013.11.02_enoshima_006.jpg





そろそろお腹も空いてくる時間になりました。 島内には食事処がいっぱいあります。 店名は出しませんが、昔から看板を出している庶民的な食堂、ここ数年でメジャーになったあのお店、マニアな方々など知る人ぞ知る隠れた味のお店(既にかなり有名になっておりますが・・・)、フードコート、移動販売車等々。 小腹が空いた時コースから満腹満足コース、ちょっとお洒落に贅沢コース、歩き食いコースまで、食に関して言えばそれこそ不自由なしで過ごせます。

でもね、ぼくが楽しみにしているのは、家内手作りのお弁当だったりする訳なのです。

かと言って、全然手の込んだお弁当ではありません。 昆布のおにぎりと、おかずは玉子焼きにウインナー、冷凍食品の揚げ物を少々。 以前にも書いた覚えがあるけど、その彩りから「 茶色いお弁当 」 と呼んだりしています。 質素なお弁当ですが、これが本当に美味しいから不思議。 しかし、いくら美味しいと言っても、恥かしいくらい質素すぎるので写真なんか撮れません。。。(^^;

ご馳走様でした。


さて、江の龍さんのブログに可愛らしいドロップが紹介されていたので立ち寄ってから帰りますか! 近日公開


本文中 「 湘南港臨港道路付属駐車場 」 料金に関しまして
江の島 駐車場 値上げ!




2013.11.02 江の島
posted by 氷吉 at 23:58| 神奈川 🌁| Comment(0) | 江の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

夏らしくない海と空



8月だというのに涼しい風が気持ち良過ぎる夕方の江の島。


2013.08.03_enoshima_001.jpg

日没直前の シーキャンドル・サンセットテラス から丹沢方面。




2013.08.03 江の島
posted by 氷吉 at 22:50| 神奈川 ☀| Comment(0) | 江の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
                                      
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。