2013年03月15日

作品が綾瀬市役所に展示されました



それは2年前のこと。 20数年前に務めていた会社の上司であったA氏と綾瀬市にあるホームセンターでばったり再会。 既に定年も過ぎて現在はそのホームセンターでパートとして働いていたところに、買い物で立ち寄った ぼくと家内の姿を見付けて声を掛けて下さりました。 そして昨年夏、買い物のついでに再び顔を合わせると 「 今、ある写真クラブに在籍しているので暇な時にでも撮った写真を持って遊びにおいでよ 」 とのこと。

ぼくはそういう組織だったものに縛られるのがあまり好きではないので曖昧な返事をしていたのですが誘われること数回目、あまりノラリクラリとしているのも失礼かと思い月例会にオブザーバーとして参加してみました。 講師は元プロカメラマンのH氏という方です。 勿論ぼくはその方面に詳しくないのでどの様な方なのかまったく分かりません。

参加者は市内近郊に住むご老人から奥様までと色々。 毎月テーマを決めて撮った写真を持ち寄り講師のH氏が品評し良い作品は 「 入選 」 として綾瀬市役所や海老名市役所、またファミレスなどに展示されるそうです。 オブザーバーとして参加しただけの月例会だったのですが、参加者の方の作品を拝見すると目を見張るばかりに素晴らしい仕上がりでびっくり。 写真ってこうやて撮るんだなぁと関心させられました。 そこへH氏とA氏が 「 是非、今度は写真を持って参加してみてはいかがでしょう? 」 と。

そんなこんなで恥ずかしながら数枚の写真を近所のラボでプリントし、月例会には参加出来なかったのでA氏に託していたところ、後日そのA氏から 「 あなたの写真が入選したので綾瀬市役所に展示されます 」 と連絡が。 えっ? うそでしょ? と。。。 なんでも面白い構図だったので選ばれたそうです。 しかし他の方の作品と雲泥の差であることは間違い無し。 一緒に並べて展示されたら恥かしくてしょうがないほどショボイものです。 それでも内心ちょっと嬉しくて昨日椎間板ヘルニアで通院したついでに見に行って来ました。 予想通り他の方の作品と比べると恥かしいものですが事務棟地下食堂入り口前の廊下に題名を 「 わらべ歌 」 として展示してありますので綾瀬市役所へ行かれた際にお時間が許せば是非指さして笑ってください。。。

展示期間は 3月14日 から一ヶ月程だそうです。




2013.03.15 雑記
ラベル:綾瀬市役所
posted by 氷吉 at 23:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]