2013年02月28日

おばちゃんちの枝垂梅と寒緋桜とetc



今日は日が暮れてもかなり暖かさが残る一日でしたね。

農家のおばちゃんちに植えてある例の枝垂梅。 日中の陽気に誘われて開き出していないかな? そんな期待を込め、夕飯もそこそこに出発。 

おっと、その前に。 一昨日の日記で書いた 「 花粉 イオンでブロック 」 。 気休め程度にしかならないけど、顔に シュッ!シュッ! とスプレーするのを忘れるところだった。 もっともその上からマスクをしてしまうので効果があるのか無いのか判断しようがありませんが。(^^;
 
で、今夜は歩いていても全然寒さを感じません。 いつになく足取りも軽くあっという間におばちゃんちの枝垂梅までやって来ました。 さて、咲いてるかなぁ?


2013.02.28_shidare_ume_001.jpg

一週間ほど前と比べると開き出してはいるもののまだ一分から二分咲き程度かぁ。


2013.02.28_shidare_ume_002.jpg

でも、これからが楽しみ。 そんな日が数日続くわけです。



こっちは同じ畑脇に植えてある寒緋桜(カンヒザクラ)。

2013.02.28_kanhisakura_001.jpg

固かった花芽もようやく割れはじめた様子です。 過去に遡って確認してみたら3年前の丁度今日、2010年の日記には、花芽どころか蕾がかなりふくらんでおり一つ二つと開き出している花もありました。 今年が寒いのか? それとも2010年が異様に暖かかったのか? どっちでしょう。  
因みにその時の日記はこちら。
http://zzzaodon.seesaa.net/article/142422148.html




陽気もいいし遠回りして椿の具合でも見てみようか? と、帰り際に通りかかった道で白梅が良い具合に咲いているのを見つけました。 んで、肝心の椿はというとまだ固い蕾のまま。 その代わり 侘助 ( ワビスケ ) と言う椿がポツポツと。 大輪の椿もいいけど 侘助 も味があっていいものですね。

2013.02.28_hakubai_001.jpg


2013.02.28_wabisuke_001.jpg

因みにこの 侘助 という渋い名前は諸説あるそうですが、「 豊臣秀吉朝鮮出兵の折、持ち帰ってきた人物の名であるとした説。茶人・千利休の下僕で、この花を育てた人の名とする説。「侘数奇(わびすき)」に由来するという説。茶人・笠原侘助が好んだことに由来する説などがある。」ということです。wikiより引用




2013.02.28 夜散歩


posted by 氷吉 at 23:18| 神奈川 ☀| Comment(5) | 夜散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、エバポレータ洗浄からこちらに訪問させてもらいました。
エバポレータ洗浄ページにレスすればいいのか迷ったのですが、こちらの最新ページに失礼します。
私もバニプロを購入し洗浄に挑戦しようとしているのですが、センターパネルを外してメインの吹出し口を洗浄されているのは、単純に噴出し口にバスタを吹き付けただけですか?
だとするとその後は自然にドレインながれていくのですか?その際は当然空調はオフですよね?w
Posted by 山英 at 2013年03月01日 14:30
山英さんへ

こんにちは、はじめまして。
このような拙いブログへお越し下さりありがとう御座います。 m(_ _)m
ご質問の件ですが、いま記事を読み返してみたら大袈裟にも 「 もう一本追加してブチ込みます 」 と書いてありますが、ほんの少量です。吹出し口の方から見るとヒーターコアが手前にあるので、大量にぶち込むともしかすると構造上ドレンとして抜け切らない可能性もあります。 ぼくは写真の状態からキッチン用の長い柄の付いたビンを洗うスポンジを奥の方まで突っ込んで掃除しました。 100均で売ってる柄が柔らかい物がダクトの曲がりに沿って入るのでお勧めです。 しかし数日間はダストバスタの匂いが少し続いたので、ヒーターコアまで流れた様子です。 なのでなるべくヒーターコアまで流れ込まない量をスプレーして拭き掃除をする感覚でやった方が宜しいかと思います。 
携帯から長文になってしまい誤字脱字があったらゴメンナサイ。
Posted by 氷吉 at 2013年03月01日 15:54
早々の回答ありがとうございます。
明日あたり挑戦してみます。
それよりまずは、エバポレータの洗浄ができて、センターパネルを外す事ができてからのはなしですがww
また、何か判らない事がでてきましたら、ご教授のほどよろしくおねがいします。m(_ _)m
Posted by 山英 at 2013年03月01日 16:15
こんばんは、エバポレータ洗浄しました。

まずは、ファンを綺麗にしようと手順どおり助手席の下にもぐってファンアッセンブリーをはずしました。短いマイナスドライバーでやったのでちょっとてこずりましたが何とか外せました。

シャフトからファンを外すのは少し悩みました。
適当な工具が無いので木やスパナなどの柄の部分を使い、少しは抜けるのですが、それ以上は動かず、あまり力を入れるとファンを壊しそうだったので。。。一時はやめようかと思ったのですが、
どなたかが投稿されているのを思い出し、一度あきらめ再度挑戦したら抜けたってことだったのでしばし休憩して再度挑戦、結構力を入れてぐりぐりやったら何とか抜けましたwww
モーターとフィンのドーム部分に多少のぐりぐり傷が入りましたが、まあ見える場所じゃないし、機能的には問題ないので気になりませんw

しかし、氷吉さんのこの画像が無かったらここまで強気でぐりぐり出来ませんねww
フィンを洗浄、乾かしまたモーターに合体させブロアユニットに装着完了。

さて、次にメインのエバポレータの洗浄です。
こちらも手順どおり問題なくバニプロ投入。
レジスター部分はお手軽ガムテープを使いました。

そしてエンジンを切って待っている時間に、センターパネルを外し、噴出し口のチェック。。。
意外とよごれていなかったのでバニプロは使わず、雑巾と除菌ティッシュで軽く清掃しました。
センターパネルも元に戻し、再度エンジンをかけて、風量も最大で確認でOKその後最小で10分くらい回して工程完了ww

ドレンからは少ししか洗浄液が流れてこなかったけどドレンから出てくる洗浄液の確認のため下に何も置いていなかったので汚れなどの確認をしなかったのがちょっと後悔ですが、氷吉さんのおかげで満足いく仕事が出来ました。本当にありがとうございました。。m(_ _)m
長々と失礼しました。
Posted by 山英 at 2013年03月03日 00:21
ご苦労さまでした!
結果まで報告して頂きありがとう御座います。m(_ _)m
ちょっと手間は掛かりますけど車いじりが好きな人にとっては楽しい時間ですよね。(^^;
また何かありましたら是非遊びに来てください。(^0^/

それから、山英さんのご質問を他の方も参考にされると思いますので、こちらの該当記事の方にもコピーしておきました。
http://zzzaodon.seesaa.net/article/107040803.html
予めご了承くださいませ。
Posted by 氷吉 at 2013年03月03日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
                                      
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。