2010年02月24日

雄しべが花弁に変化する梅 ・ 紅千鳥(ベニチドリ)



100223_benichidori_001.jpg


長久保公園に「 紅千鳥(ベニチドリ) 」という梅の花が咲いています。

この紅千鳥の雄しべは時として弁化(花びらのように変化)するそうです。

その弁化した雄しべの姿が「千鳥が舞っている」ように見えるところから紅千鳥と名付けられたとの事です。

先日家内と遊びに行った時には探し切れなかったのですが、通院の帰りに寄り道してやっと見付けました。

結構高い位置まで花を付けているため肉眼では確認出来ないので、見付けたというより偶然写り込むのを狙って枝から枝へと細かく数十枚撮影した内の一枚です。


100223_benichidori_002.jpg
写真中央の花のひとつ上、やや上向きに咲いた花ですが
わかるでしょうか。


100223_benichidori_003.jpg
拡大したものです。濃いピンクの蕾の右上、ちょっと木魚のように
丸く見えるのが弁化した雄しべです。


千鳥の舞に見立てるくらいなので、このあと羽のように2枚に開くのかな?
日本人ってなんと風流な民族なのでしょう。




2010.02.23 長久保公園


posted by 氷吉 at 20:42| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

                                      
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。