2009年03月29日

ヒヤシンス(風信子)



ヒヤシンス

この花が咲き始めてから既に久しくなります。

実を言うと、この花には色々な思い出がたくさん詰まっていたりします。

今から丁度 30年前、NHK少年ドラマシリーズでやっていたのが

   『七瀬ふたたび』

去年、同じタイトルで再ドラマ化されていましたよね。

当時の主演女優さんは「多岐川裕美」。

ドラマの内容を詳しく書こうとは思いませんが、思春期の少年にしてみれば
当時の多岐川裕美の妖しい美しさとドラマの内容が相俟って、物凄く印象に
残っていると言うより焼き付いています。

そんなドラマのエンディングに流れていたのが『風信子どこへ』。

当時ドラマのそれで聞いただけですが、今でもそらで歌えます。

ちょっと歌詞を書いてみますが、何せ30年も前なので間違ってたらゴメンナサイ・・・。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

明日を探して歩く野辺の道

季節はどこかへ忘れてきたの

今日も晴れた空 明日の夢はないけど

風だけを頼りに歩いていたい

そうね風信子みたいに愛を知らない

一人ぼっちの花よ幸せはどこかに

見知らぬあなたの優しい言葉ほしくて

今日もそっと待ってる白い風信子


『風信子どこへ』 作詞/作曲 深野義和
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

曲調と相俟って、少し物悲しいこの詩に胸が切なくなったのを思い出します。


   風信子


いい字ですよね、何故この字を当てたのでしょう?

当時、初恋の人の名前が 信子ちゃん。

いえ、べつにこれをオチにするつもりでは御座いません・・・ (^^;


090329_hiyashinsu_001.jpg 


本日の夜散歩気温 8℃ 晴れ




.......


posted by 氷吉 at 23:56| Comment(0) | 夜散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

                                      
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。