2008年09月30日

カンナの花



カンナの花です。
ここには「食用カンナ」と「花カンナ」の両方が植わっていました。
食用とは言っても花や葉を食べるのではなくて、根の部分から澱粉を取ります。
昔、沖縄出身の同僚が塩漬けになったカンナの根を田舎から送ってもらい、
それを塩抜きして天婦羅に揚げて弁当のおかずに持って来てものを食べさせてくれたのですが、結構美味しかった記憶があります。
花カンナは勿論のこと、食用カンナも観賞用としてあちこちで見ることが出来ます。


kanna001.jpg
食用カンナ。
背丈は2メートル近くに及びます。
全体に比べて小ぶりな花ですが個性的で綺麗な花です。



kanna002.jpg

kanna003.jpg kanna004.jpg
黄色とオレンジの花カンナ。
名前に「花」と付くだけあって大ぶりな花です。
撮るのがもう少し早かったらもっと綺麗だったのですが・・・。



kanna005.jpg
食用カンナの子房。
閉じたガクがくちばしの様で、まるで鳥のヒナみたいで面白いです。
しかしこのイボイボがちょっとブルブルッ!(笑)




.......


posted by 氷吉 at 21:49| 🌁| Comment(2) | 夜散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
氷吉さん、こんばんは!
今時分は散歩中でしょうか?

鳥のヒナ、おもしろいですねぇ。
先日のトケイソウといい、誰か創造した人?がいそうな気がするカタチです。

草花は好きですがカンナには全く興味がなく、食用があることを初めて知りました。
食用、美味いと聞くとちょっと興味が…(笑)。

Posted by つばさ at 2008年10月01日 22:11
つばささんへ

どうも今晩はです!
本日は21過ぎに帰還しました。
突撃したのが19時頃、途中農家のおばちゃんと立ち話をしていたので
2時間以上の散歩になりました。^^;

ホント自然の創造力って面白いですよね〜!
先日のトケイソウですが、これってよく見ると雄べと雌べの位置関係が
受粉にすごく不利な感じがするので品種改良された形ではないでしょうか。
こんど調べてみますね。
つか、こう言うのを調べるのも結構好きな人なので、疑問を投げかけて
くれたつばささんに感謝です!

食用カンナ、近所で見かけたら、そ〜っと引っこ抜いて・・・
イヤイヤ、断ってから頂いてみて下さい。w
Posted by 氷吉 at 2008年10月01日 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

                                      
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。