2013年08月27日

夏だね!青いゴムゾーリ パートU!



昨年、2012.08.14 付けで書いた「夏だね!青いゴムゾーリ」という日記があります。
バーブ佐竹の唄でこれが腹を抱えて笑ってしまう程まさに抱腹絶倒の歌詞なのです。
当時 YouTube で検索をしたら日記内にあるカラオケバージョンの動画が僅かにヒットしたのでお借りしていましたが、残念ながら削除されてしまった様子で動画を見る事が出来なくなっていました。

たまたま今日、再度検索をしてみたらなんとその日記を書いた翌日 2012.08.15 付けで 貴仁 小菅さんという御方が「坂崎幸之助と吉田拓郎のANG(青いゴムぞうり).wmv」 と題して歌付きでアップされていましたので再びご紹介致します!
青いゴムゾーリは 1分39秒辺りからです。



http://youtu.be/lJzLhjs1b6M

貴仁 小菅 様、ありがとう御座います!貴重な音源としてお借りいたします! <(_ _)>




2013.08.27 雑記
posted by 氷吉 at 18:47| 神奈川 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

ちょび君 命日



ちょび君が旅立ってから丁度一年。

長かったような、、、

いえ、今思うとあっと言う間に過ぎ去ったような気がします。

あっと言う間に過ぎ去ったからこそ、今でもちょびの匂いと温もりをはっきり思い出すことが出来るのかも知れません。

またちょびの温もり以上に暖かいお気遣いと励ましを下さったまわりの方々に感謝しきれないほどの思いで一杯です! 本当にありがとう御座いました。



一回目の命日にあたる今日また一年ぶりにちょび君を海へ連れて行きました。
ちょびが愛用していたハーネスを家内のバッグに入れて夕方の江の島へ。




一年前のあの日。

ちょびが息を引き取った翌日、荼毘に付せた後その足でちょびのお骨を抱いたまま生前のちょびが一度も見た事のなかった海へ行きました。 荼毘に付せている間中ずっと響いていた雷鳴と豪雨。 まるでちょびがこの世との別れを惜しむような叫び声と大粒の涙を降らせているように感じて仕方なかった事を思い出します。 そして、火葬が済み小さな骨壷に納まってしまったちょびを引き取り、家内が抱きしめているまだ温かいちょびのお骨を時々ぼくの膝の上に乗せながら江の島に向けて運転していると、あれだけ激しく鳴り響いていた雷と雨は徐々に止み始め江の島に着く頃にはすっかり上がり清々しい青空が広りました。 寝たきりで不自由な身体から解き放たれたちょび君がようやく笑ってくれた時だと今でも思っています。 ちょびと家内とぼくの3人でひとしきり海を眺めた後、ブログの中でちょびを懇意にして下さっている江の龍さんへ。 たまたま店長さんはいらっしゃらなかったけど、事前にこれから伺いますとした電話でのお話がとても面白くて(この事はこちらに詳しく書いてあります)、重く沈んだ心がどれだけ助けられた事か・・・。  


ちょびのことに関してはまだまだ書き切れないほど沢山あるのですが、次から次へと思い出が溢れ出して来てしまい上手く文章に出来ません。 あー、もう少し文才があったらなぁと。(^^;


それはそうと今日は命日なのですが、姿はないけどいつも傍にいる様なちょびの気配を感じながら過ごしているので特別に法要とかする訳でもありません。 いえ、霊魂とかそんなのじゃなくてブログの中にも心の中にもいつもちょびの笑顔がある訳なのです。


2013.08.17_001.jpg

下のメモ帳はちょびの介護記録を綴っていた「ちょびメモ」です。
どうしても処分出来ずにいるのでぼくの棺おけまで持って行くつもり。(^^;



2013.08.17_enoshima_001.jpg

今日、ちょび君と眺めて来た夕焼けです。




2013.08.17 ちょび君命日
posted by 氷吉 at 23:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | 愛犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

コウモリが迷い込んで来た!?



ドタ ドタ ドタ !

と、階段を上がる音。

ねぇ!ねぇ!台所で鳥かなにか飛んでる!

もしかしたらコウモリかも知れない!



おぅ? カメラ片手に急いで2階からキッチンに降りて行くと・・・

既に姿は無いが、窓は網戸だし戸は閉まっているので逃げ場も無い筈。

あー、面倒クセーことになったぞ・・・。

オイラが冷蔵庫や洗濯機や茶箪笥の後ろや壁との隙間を探していると

テーブルの上に上がった家内がもう一つの茶箪笥の上にその姿を発見!

ライトで照らしてよく見るとそこには体長 5〜6cm の小さなコウモリがいます。

弱っているのかじっとして動きません。

しかし、どこから入り込んで来たんだろ?

さっき、雨戸閉める時に窓開けてたからその時かなぁ。

だと良いけど、もし住み着いていたら駆除やらで面倒な事になるぞ。


とりあえず2〜3枚写真を撮ってから、さてどうやってここから逃がそうか?

と、考えながら平にした新聞紙に乗せようと近づけたら

身の危険を感じたコウモリ君は、音も無く飛び立ちキッチンを華麗に旋回。

自分の周囲をぐるぐるぐるぐる旋回するもんだから目で追うのも大変!

鳥なら羽ばたく音で位置が分かるけど、コウモリは本当に音がしません。


勝手口の方に行った!



2013.08.11_koumori_001.jpg


この写真ではよく分かりませんが、あちこち傷だらけです。
弱っていたところを猫か何かに襲われたのでしょうか。 

実は、傷跡、特に顔が酷くやられていたのですが、その写真はちょっとグロ過ぎると思われるので掲載を自粛したりしています。
と、言うより、茶箪笥の上の埃やら何やらが酷すぎ恥かしくて載せられないというのが本当の所なのですが・・・ (^^;

よくコウモリが家の中にいると 「 幸運の象徴とか前兆 」 など、色々と良いほうに取られますが本当は雑菌や病原菌の巣窟だったりするので、この後は速やかにお外にお帰り願いました。

かなり弱っていたけど大丈夫かな・・・。




2013.08.11 雑記
タグ:コウモリ
posted by 氷吉 at 22:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

萩の花



昨日、と言うか、もう一昨日の日曜日。

久しぶりの夜散歩で田んぼへ向う途中の道端に

萩の花がぼちぼち咲きだしていました。


ひとつ、ふたつ、みっつ・・・、

2013.08.04_hagi_001.jpg


2013.08.04_hagi_002.jpg


次の夜散歩はいつになるかな?




2013.08.04 夜散歩
posted by 氷吉 at 01:01| 神奈川 ☀| Comment(0) | 夜散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あら、いらっしゃい



仕事を終えて屋外の喫煙所で一服していたら、

いつの間にやら カブトムシ 君が靴の先に。

2013.08.05_kabutomushi_001.jpg

偶然にもタイミング良くよじ登ってくれたから良いものの

もしかしたら踏んじゃってたかも知れなかったよ・・・。



先程帰宅したら家内が今年の初物になる梨を剥いてくれました。

シャワー後のサッパリした身体に優しい甘さが染みわたります。(^0^)




2013.08.06 雑記
posted by 氷吉 at 00:35| 神奈川 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

夏らしくない海と空



8月だというのに涼しい風が気持ち良過ぎる夕方の江の島。


2013.08.03_enoshima_001.jpg

日没直前の シーキャンドル・サンセットテラス から丹沢方面。




2013.08.03 江の島
posted by 氷吉 at 22:50| 神奈川 ☀| Comment(0) | 江の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨッシャ!連休♪



先程帰宅すると、なんだか家内が嬉しそうです。


あのね!コロンちゃんとお母さんが家まで来てくれたんだよー♪
それでね 「 ちょびちゃんに 」 って可愛いストラップをまた頂いたんだ♪



見せて貰うと小さな妖精のようでホントに可愛らしい手作りのストラップです。

ちょび君の四十九日に頂いた時も涙が出るほど嬉しかったけど、

1年経とうとする今、こうしてちょび君のことを気に掛けて頂けるなんて


おい!ちょび!お前ってどんだけ幸せモンなんだよ!?


コロンちゃんのお母さん、ありがとう御座いました。

頂いたストラップは、ちょび君の命日に素敵な形でアップしたいと思います。




久しぶりの土日休み。

肝心の天気はと言うと、午前中宜しくないけど、午後3時頃から晴れマーク。

雲がなければ雨後の夕焼けが綺麗に見られそう。

最高気温も然程上がらず27度。

って事で、明日はまた夕方から江の島までぶらぶらと散歩の予定。




2013.08.03 雑記
posted by 氷吉 at 00:55| 神奈川 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする