2012年09月26日

ジンジャー・リリー 9/26



8月頃から咲き出したジンジャー・リリー。

観賞用のショウガの花です。

よく田んぼの日記に出てくる、農家のおばちゃんちの畑の脇に植えてあり
夏からこの時期にかけて、スッキリと甘い芳香を辺り一面に放つので
夜散歩の楽しみの一つだったりする訳です。

観賞用のジンジャーには多種多様なものがあり、その中でもこのリリーの葉は
食用ショウガの葉をそのまま巨大化したような形をしています。

別名がいろいろあって
「 花ジンジャー 」、「 花生姜 」、「 ヘディキウム 」、「 コロナリウム 」、
中でも「花縮砂(はなしゅくしゃ)」と呼ばれる通り漢方薬にも使われるそうです。



2012.09.26_ginger_lily_001.jpg

背丈は1m50cm以上になり、花も一番幅の広いところでは20cm近くありました。


2012.09.26_ginger_lily_002.jpg

花弁(はなびら)は3枚、下に細く見えるものは、花弁が丸まっているのではなく
雄しべが弁化したものです。


2012.09.26_ginger_lily_003.jpg

外から見える蕊(しべ)は一本。 先端に雄しべの葯(花粉が出来るところ)があり
そのまた先っちょに雌しべの柱頭が見えます。


弁化した雄しべにしろ、外見上一本に見える蕊は何故その形になったんだろう。

花のつくりって、考えると面白いですね。




2012.09.26 夜散歩


posted by 氷吉 at 23:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | 夜散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
                                      
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。