2012年02月25日

忌まわしい花粉の季節がやって来た・・・



今年は去年と比べて花粉の飛散量は少ないと言われていますが、それでも「例年並み」か「やや少ない」と言う状況で花粉が飛ぶのには変わりありません。既に3日程前から鼻のムズムズから始まり、まだ目は痒くありませんが目の奥から頭に掛けて重くなって来ています。

早々にマスクでもしていれば良かったのですが完全に油断していた訳であります。しかし、外出時のマスクもちょっとこれが困った問題を引き起こすので躊躇・・・。それは何かというと、いわゆる「Tゾーン」に肌荒れというかニキビが発生してしまうのです。

僕が考えるところに因ると、暖かい吐息がマスクの上っ面から漏れてこのTゾーンに掛かります。まだ外気は冷たいのですが、ともすると暖かい吐息によって開いた毛穴に汚れが入り込みます。その開いた毛穴は汚れを取り込んだまま閉じる。この繰り返しによりTゾーンの毛穴に汚れが蓄積され肌荒れやニキビの原因になっているのではないかと推測。一昨年はこの所為で醜い顔になってしまいました・・・。

花粉用に開発された色々なグッズを試してみてはいますが所詮「グッズ」に過ぎません。例えば「イオンの力で花粉の侵入を防ぐ『クリスタルヴェール』」という商品。テレビCMを見ても如何にもっていう・・・、うん無理だよこの理屈。鼻腔の周囲に塗ったそれで全ての花粉が処理し切れる訳ないし。

でも去年、藁にもすがる思いで買ってみたけどまさに気休め程度の物でした。決して安い物ではないし僕にしてみれば全くもって期待ハズレ。もっとも最初から期待して無かったので期待ハズレもなにもないのですが・・・。これならいつも通りメンタムを鼻の穴に塗りたくった方がスーッとするし基材のワセリンが鼻腔を通過する花粉の何割かをくっ付けてくれます。

とは言いながら今年も手当たり次第に試して見るんだろうなという予想。期待と失望、あげく涙目。失望して涙目なのか花粉で涙目なのかもうどっちでもいいけどね。で、最も辛いのが喉から上顎に掛けて出来る湿疹みたいなヤツ。もう痒くて痒くて耳の奥まで痒くなり寝ていても目が覚めてしまい大袈裟じゃなくホント死にそうになります・・・。

出来る事ならムヒアルファEXでも塗りたくってみたい衝動にかられますが勿論そんなこと出来る筈もないのでメントールの強いノド飴で気を紛らわす訳ですが、これがまた四六時中舐めているので糖分の取り過ぎが心配。その前にこれがまたニキビを増やす原因になっています。もうね、花粉の飛散ってホント悲惨ですね。。。


一昨年だったかな?ネタにするつもりで撮っていたスギの雄花と雌花。
ネタにするつもりが症状の悪化で書く気にもなれなかったので今回載せてみます。

2012.02.24_sugi_001.jpg

小っさいのが雄花でまだ飛散するには早い若い時期のものです。
大きいのは既に球果になっていますが雌花です。


2012.02.24_sugi_002.jpg

やらなきゃいいのに雄花を割ってみました。


2012.02.24_sugi_003.jpg

よく見ると亀の手みたいで凄いねコレ。

あー、喉痒くなってきた・・・ (´・ω・`)




2012.02.25 雑記
posted by 氷吉 at 00:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

ダイソー LR41(ボタン電池) 復活!



前回の日記「ダイソーからLR41(ボタン電池)も消えた!」の続報です。

ここ最近になってようやく入荷が再開されている模様です。

2012.02.08_lr41_001.jpg

本当なら酸化銀電池のSR41が欲しいところですが無いものは仕方ありません。
前の日記で 「ダイソーとPanasonic製の電池の持ちはあまり変わらないと思います」と書きましたが、実際に使用してみると流石Panasonic製です。正確なラン・タイムを計測したわけでは有りませんが、Panasonic製の方はダイソーのものに比べると交換時期が長いように感じます。前回Panasonic製の物に交換したのは昨年末頃で彼是1ヶ月半になろうとしていますが極端な輝度の低下を感じることはありません(そろそろなのかな?)。 ダイソーの物を使用していた場合はとっくに交換している筈です。んー、ラン・タイムと値段を天秤に掛けたらどっちが得策なのかちょっと整理してみたくなりました。ペンダントには電池2個使用。ダイソーは2個105円、Panasonic製は2個356円(1個178円)です。価格比はダイソー : Panasonic製 ≒ 1 : 3.4です。いくらPanasonic製でも3倍長持ちする訳ないか・・・。ダイソーの酸化銀電池SR41も復活してくれたらホント嬉しいのですが。




2012.02.08 雑記
posted by 氷吉 at 22:41| 神奈川 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

京の手仕事 ひな千鳥 (ひなあられ)



もうすぐひな祭りですね。

昨日(2/4)、コッキング苑にチューリップを見に行った帰りしな、すでに江の島散歩コースの定番と化している「江の龍」さんへ。

「こんにちは!」と気軽に立ち寄れる雰囲気がいいのです。ここ江の龍さんの目玉商品に「海鮮しらすまん」があります。有名ですね。実はいつも早い時間に立ち寄る為、お目当てのこの「海鮮しらすまん」がまだ準備中だったりするので、昨日やっとこさ食べる事ができました。既にお昼を済ませてしまったのでひとつだけ購入し家内と半分こ。

んー美味い! 具に使われている「しらす餡」のダシが口いっぱいにひろがります。いえ、これはしらすだけじゃなく、なんだろ?「海鮮しらすまん」と銘打っているだけあって、他の海の幸の味が複雑に絡み合っているのでしょう。いまこうして書いているだけで口のなかに蘇って来るようです。これ辛子醤油でビールにピッタリかも! しかし江の島へは車で行く事の方が多いのでビールとこれの組み合わせはご法度・・・。多分、冷凍で仕入れていると思うので今度行ったら冷凍のまま10個ほど購入出来るか聞いてみよう。

駄菓子菓子(だがしかし)! ← 江の龍さんネタだけあってちょっと駄洒落れてみました。(笑)

今日は写真の駄菓子のお話、「京の手仕事・ひな千鳥」です。

本当のこと言うと、いつだかも書いたように江の龍さんの駄菓子は子供相手のちまちました商売ではないのでちょっとお値段張ります。って、これ幾らだったかな?覚えてないので書きませんが、ちょっと贅沢なお値段です。もったいないので暫く飾っておこうか少しだけ思案したけど美味しそうなので食べちゃいました。

これは本当に素朴な味と口当たり。この味をどう表現すればいいのかちょっと考えてみましたが、ぼくには難し過ぎてあまりいい言葉が浮かんで来ません・・・。ストレートに書くと、素揚げした餅に薄っすら甘い砂糖をまぶした。うん、これ以外正確に伝える言葉が無いのです。ちょっと付け加えて置きますが、決して「甘い砂糖を薄っすらまぶした」ではなく「薄っすら甘い砂糖をまぶした」です。ここ強調。強いて言うなら、ただ単に「美味しい」という言葉は当てはまりません。いえ、確かに美味しいのですが、その前に「日本人に生まれて良かった」と思うほど素朴で癒しをくれるお菓子なのです。


2012.02.04_enoshima_005.jpg

2012.02.04_enoshima_006.jpg




2012.02.05 江の島
posted by 氷吉 at 00:47| 神奈川 ☁| Comment(0) | 江の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

江の島の猫 vol.24 一緒に・・・



120204_e_neko_001.jpg

おい、一緒に ゴロン ゴロン して遊ぼうぜ。

120204_e_neko_002.jpg

ゴロン ゴロ〜ン

120204_e_neko_003.jpg

ゴロン ゴロ〜ン

120204_e_neko_004.jpg

ぼくも一緒に・・・




2012.02.04 江の島の猫
posted by 氷吉 at 22:31| 神奈川 ☀| Comment(0) | 江の島の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012 江の島チューリップ近況 (2/4)



通年より一ヶ月ほど遅れて、やっと見頃になって来ました。
今日は冷え込みも厳しくはなく、ここ数日の寒さから逆に暖かいと感じるほどです。

2012.02.04_enoshima_001.jpg

2012.02.04_enoshima_002.jpg

2012.02.04_enoshima_003.jpg

2012.02.04_enoshima_004.jpg

この陽気に誘われてか驚いた事にハナアブの姿も。




2012.02.04 コッキング苑 チューリップ
posted by 氷吉 at 22:02| 神奈川 ☀| Comment(2) | 江の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする