2010年08月08日

カラスウリの雄花と雌花



今日の散歩は夕方の早い時間、16時半頃に出掛けてみました。

暗い夜道ではライトの光があたるスポット的なものしか視界に入りませんが、周囲が明るいと「あっちもこっちも、あれもこれも撮っていこう」となって中々先に進みません。。。

そんな中でちょっと興味が湧いたものがあるので載せてみます。

植木屋のおばちゃんちの生垣にカラスウリの蔓がたくさん伸びており、丁度その蕾がそろそろ開く時間になってきました。

カラスウリは「雌雄異株」で、雄株には花粉を持つ「雄花」しか咲かず、雌株には実を付ける役目の「雌花」しか咲きません。

昨日の夜もカラスウリの花を撮って来たのですが、何故か雄花ばかりしか見付からず、目に付いた雌株は既に大きな実を付けてしまっていて、蔓を辿っていっても蕾を持ったものが見付かりませんでした。

100807_karsuuri_002.jpg


そして今日の夕方散歩の時に、どこかに今夜花の咲きそうな雌花が無いかとな?と探しながら歩いているとあった!あった!

で、21時過ぎに再び舞い戻って開いた雌花を撮って来てみました。

雄花と雌花、もっとも分かり易い判別方法は、花茎の付け根に膨らんだ子房があるのが雌花、無いのが雄花。花が咲く前の状態でも子房がぷっくりしているので分かり易いです。


100807_karsuuri_005.jpg

この雌花はすでに閉じてしまっていますが子房が分かります。


100807_karsuuri_003.jpg

こちらは子房のない雄花。


そして花だけ見てどう違うか比べてみるとこんな感じです。


100807_karsuuri_mebana_001.jpg

雌花です。花の中央に子房から伸びてきた柱頭が見えます。


100807_karsuuri_obana_001.jpg

雄花です。花の中央に栓をしたように葯があります。


今までカラスウリの花を見ると「なんとも不思議な花だなぁ」という感想しか浮かばなかったのですが、ちゃんと雌雄の区別があったりする訳です。って当たり前か・・・ (^^;

それにしてもホント不思議というか幻想的な花ですね。

100807_karsuuri_001.jpg


下はオマケ。夕方、蕾が開き始めたものをアップにしてみました。

100807_karsuuri_004.jpg





2010.08.08 夕夜散歩
posted by 氷吉 at 22:34| Comment(0) | 夜散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

手のひらの上のカブトムシ



いえ、こちらは手のひらで羽化した訳じゃ御座いません。

公園の地べたにひっくり返ってじっとしていたカブトムシの雌。

仰向けのまま微動だにせず既に死んでしまっているのかと思いきや、姿勢を戻してあげるとスタスタと早足で歩きだしました。


100807_kabutomushi_001.jpg

お!よかった、まだ生きてる!


100807_kabutomushi_002.jpg

ちょっと悪戯心で目の前に指を伸ばすと手のひらまで這い上がり
何故かそこで落ち着くカブトムシ。


もしかしたら、人間様のように仰向けで熟睡していたところを起こされたので、手のひらの上で二度寝しているのかも・・・(笑)




2010.08.07 朝散歩
タグ:カブト虫
posted by 氷吉 at 08:45| Comment(0) | 昼散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手のひらで羽化したセミ(その後)



寝坊した!起床したのが既に5時。

夕べ、手のひらの上で羽化したセミ。

公園のど真ん中、地べたの上で一向に動こうとせず、このままそこで羽化が始まったら確実にアリの餌食になりそうなので、羽化が始まる前に適当な枝に掴まらせようとその木を物色しているほんの数分の間に手のひらで羽化が始まってしまいました。

殻から完全に抜け出すまで手のひらで見守り、その後は羽が乾燥するまで比較的アリの少ない公園のベンチの上に移しました。

直に平面に置いてしまうと縮こまっている羽が伸ばせないようなので、小枝を置いてそこに上体を掴まらせ羽を伸ばせるスペースを作り帰宅。

手のひらの上という特異な場所で羽化させてしまった為、無事に飛び立ってくれるか心配だったので今朝は日の出と共にワンコの散歩がてらそれを確認しに行くつもりでした。

しかし、寝坊をしてしまい公園に着いたのが5時半を少しまわった頃。

本当は、羽が乾燥して飛び立つ前の姿を確認したかったのですが、既にその姿はありません。


100807_semi_uka_0001.jpg

姿が見えないと言う事は何処かに移動したか無事に飛び立ってくれたと願うばかりです。




2010.08.07 朝散歩
posted by 氷吉 at 08:13| Comment(0) | 昼散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手のひらで始まったセミの羽化



今夜は、久し振りに遊歩道へ向けての夜散歩となりました。

ついでだからと遊歩道の先きにある公園にセミの羽化の様子を見に寄ったのですが、何故か公園のど真ん中でセミの幼虫君がうずくまっています。


100806_semi_uka_001.jpg

羽化に適した一番近い木まではまだ15メートルほどあるというのに暫く見ていても一向に歩きだす様子がありません。

仕方なく移動を手伝ってあげようと、手のひらに乗せて具合のよい枝を捜していたら背中が割れ初めてしまいました。

羽化が始まってしまうと、もう枝にしがみ付かせる事は不可能です。

手のひら上で殻より抜け出すまでそっと見守ることにします。


100806_semi_uka_002.jpg 100806_semi_uka_003.jpg

100806_semi_uka_004.jpg 100806_semi_uka_005.jpg

背中が割れて殻から抜け出すまで小一時間。しかし、ここから羽をのばして乾燥するまでまだ数時間掛かります。
まさか、そこまで手のひらの上で見守ってやる事は出来ないので、蟻の来ないベンチの上に小枝を置いて羽を伸ばすスペースを作ってやりました。




背中が割れて体全体が徐々に抜け出てくる訳ですが、その間の感触が手のひらに伝わってきます。

文字で表現すのは大変困難な感触ですが、「ぐぐっ」とか「ギギッ」とか「んっんっ」とか今まで感じた事の無いもので、なんて言うかまさに「命の振動」が伝わって来るようでちょっと感動的な体験。

明日、日の出の頃に起床出来たらワンコの散歩がてら無事を確認しに行きたいのですが起きられるか自信ありません・・・。




2010.08.06 夜散歩
posted by 氷吉 at 00:15| Comment(0) | 夜散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

家内へ年に一回のゴマすり???



8月6日は家内の誕生日。

家内と一緒になってから既に20年を過ぎました。

毎年、家内の誕生日にはバースデーケーキを贈ります。

まあ年に一回の家内へのゴマすりになる訳です。(笑)

あまり大きなものだと食べ切れないので、ショートケーキや小さなホールケーキを選ぶ訳ですが、今年はホールケーキにしたついでにちょっと悪戯・・・。


店員「ネームはお入れ致しますか?」

氷吉「○○○でお願いします、あと歳を大き目に入れてください」


100806_birthday_001.jpg

あら!開けてびっくり玉手箱!

家内「わぁ〜可愛い!ありがとう! ん?なにこれぇぇぇぇ!」




2010.08.06 家内のバースデー
posted by 氷吉 at 23:59| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

ん〜、出番のない「えのすい年間パスポート」



暑さ凌ぎで購入した「えのすい年間パスポート」。

考えが甘かった・・・。

この時期、子供達は夏休み。

自ずと水族館なぞも連日大盛況な訳です。

決して広いとは言えない「えのすい」の館内は大勢の入館者で暑さ凌ぎにはちょっと向きません。

そうかと言って、海水浴なんていう気にはとうていなれず。

正直、江の島は前回の「えのすい」からご無沙汰しています。

帰りの小田急線車内がやけに混むと思ったら、浴衣姿のカップルがチラホラ?

そうか、今夜は「江の島納涼花火」だったのか。

例年8月の第一火曜日に開催される「江の島花火大会」は、諸事情により11月27日に変更されているのですが、その代わり打ち上げ数をぐっと抑えた「江の島納涼花火」を今夜開催している訳です。

って、もうこの時間にはとっくに終わってるのかな。




2010.08.03 戯言
posted by 氷吉 at 20:27| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする