2009年06月04日

鮮やかな大輪 孔雀仙人掌(クジャクサボテン)



今夜も遊歩道に向かいました。
ここ数日吹き荒れていた風も幾分治まり、そよ吹く風が肌を気持ち良く撫でて行きます。

そうそう、おばちゃんちの田んぼの植え付けも昨日終わった様子で小さな苗が一直線に並び、カエル達の鳴き声が辺り一面から聞こえていました。

夜道を気持ち良く歩いていたらネタを拾い忘れてしまったので偶には庭の花でもどうぞ。


090604_kujakusabotenn_001.jpg
風の強い日など鉢をガレージの中に避難させておくとスッキリとした甘い香りが部屋いっぱいに充満するほど物凄い芳香を放ちます。
花色はピンク、赤、白、その他変わり咲きも多種あり、20cmを超える大輪とも相俟って、そのゴージャスな姿に目を奪われるのがクジャクサボテン。


090604_kujakusabotenn_002.jpg
このヘアラインのように流れる雄しべも綺麗ですね。
花だけ見ているとハリウッドの女優さんを連想してしまいます・・・(^^;


gekkabizin_080918.jpg 090604_kujakusabotenn_003.jpg
月下美人と勘違いされる方が私のまわりにも偶にいらっしゃるのでその違いを簡単に書いて置きます。
月下美人は葉の先端から長く伸びた葉状茎の先に白い花を付けますが、クジャクサボテンは茎に直接付く感じで花色も多種に渡ります。
またクジャクサボテンは開花後2〜3日咲き続け、月下美人は夜暗くなってから開き始めてその晩一夜限りで終わってしまう儚い花を咲かせます。

因みに去年月下美人を記事にしたものがこちらにあります。
『後姿の月下美人』


本日の夜散歩気温 20℃ 曇り




.......


posted by 氷吉 at 23:14| Comment(2) | 夜散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
                                      
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。